「秀山祭九月大歌舞伎」(夜の部)に行ってきました

「秀山祭九月大歌舞伎」(夜の部)に行ってきました。夜の部の、個人的な感想です。

 (昼の部は、今週末に行く予定です。)

www.kabuki-bito.jp

 

吉右衛門の「俊寛」は素晴らしかった!

「俊寛」は、歌舞伎ではよく上演される演目です。

「俊寛」は、中村吉右衛門(二代目)のほか、松本白鴎(二代目、松本幸四郎時代に手がけたもの)、中村勘三郎(十八代目)、中村芝翫(八代目、中村橋之助時代に手がけたもの)のものを見ていると思います(他にもあったか?)。良く上演される演目なので何度も見ているのですが、俊寛を勤める役者さんが、俊寛を哀れに見せようと熱演(?)しすぎることがあって、観ていて「ちょっとなあ…。」と思ってしまうこともありました。

その点、今月の中村吉右衛門の俊寛は、安心して見ることができました。事前に、「私の履歴書」(2018年7月連載)や『ほうおう』*1(2018年10月号)のインタビュー記事を読んで、当代の俊寛という役への思いを改めて知ったということも大きかったかもしれません。とにかく、動きの1つ1つが丁寧で、鬼界ケ島に流された絶望感と哀れさが自然ににじみ出てきます。その一方で、いつか赦免されて都に戻り、愛する妻・東屋と再び暮らすことを望みに、苦しいながらも生きているということが感じられました。

また、丹波少将成経と恋仲になった海女・千鳥に対する、実の娘を見守る父親のような思いも自然に感じられました。

だからこそ、赦免船がやってきて、最初は自分が許されなかったことを知った時の嘆き、さらに、恋しい妻・東屋が自害したと聞いた時の絶望感が際立ちます。何よりも、自分が島に一人残ることに決めたものの、都への思いはなかなか断ち切ることができず、去り行く船を崖の上から見送る姿は圧巻でした。船が、自分一人を島に残して行ってしまったことを知り、茫然とする姿は、死を覚悟したようにも感じました。

今回の舞台は、丹左衛門尉基康が中村歌六、瀬尾太郎兼康が中村又五郎丹波少将成経が尾上菊之助、平判官康頼が中村錦之助、海女千鳥が中村雀右衛門で、周りの役者さんも揃っていたと思います。

 

www.kabuki-bito.jp

www.kabuki-bito.jp

 

「松寿操り三番叟(まつのことぶきあやつりさんばそう)」と新作歌舞伎舞踊「幽玄」

夜の部は、「俊寛」の前に「松寿操り三番叟(まつのことぶきあやつりさんばそう)」、後に、新作歌舞伎舞踊「幽玄」が上演されます。

「松寿操り三番叟」は、操り人形が三番叟を踊るという歌舞伎舞踊で、三番叟を松本幸四郎が務めます。踊りが上手な人なので、人形のように踊る姿は見事でした。

夜の部の最後は、坂東玉三郎が手掛ける新作歌舞伎「幽玄」で、太鼓芸能集団鼓童の演奏で、坂東玉三郎に、中村歌昇中村萬太郎中村種之助市川弘太郎中村鶴松の若手の役者さんが共演します。

坂東玉三郎の踊りも若手役者さんの踊りも良かったし、初めて聞いた鼓童の演奏も素晴らしかったと思います。玉三郎が若手役者を共演することで、若手役者を育てていこうという気持ちもわかります。でも、なぜ今月の歌舞伎座の舞台にかけたのかが疑問として残りました…。

 

今月は「秀山祭」としての興行なので、新作歌舞伎「幽玄」は良かったと思うものの、もう少し考えて演目を並べることはできなかったかと思うのです。例えば、初代中村吉右衛門に所縁のある演目にすることはできなかったのか、とか、吉右衛門玉三郎の共演はできなかったのか、とか、新作歌舞伎「幽玄」を上演するのであれば他の月にできなかったのか、など。

松竹として、歌舞伎座に客が入らないと困るのでしょうが、もう少し演目の並びも考えて欲しい、と思いました。

*1:松竹歌舞伎会の広報誌

秀山祭九月大歌舞伎を前に、「私の履歴書」(2018年7月分)を読み返してみました

9月に入りました。

9月の歌舞伎座は「秀山祭」で、初代中村吉右衛門の芸を顕彰し、志を継ぐものの研鑽の場として、初代の生誕百二十年にあたる平成18年に始まりました。9月に、当代中村吉右衛門を座頭に、初代吉右衛門にゆかりのある狂言が上演されます。

今月は、昼の部、夜の部ともチケット確保済みです。

そして、「秀山祭」観劇の前に、日本経済新聞2018年7月に連載された中村吉右衛門の「私の履歴書」(全30回)を改めて通して読んでみました。思い出のエピソードなどは、すでに、当代吉右衛門の本に書かれていたことも多かったので、初代吉右衛門の芸を継ぐ役者としての覚悟、これからの歌舞伎に対する思いを中心に、個人的に気になった箇所をピックアップしてみます。

 

初代への思い

私の履歴書」を読んでまず思ったのは、初代吉右衛門の芸を受け継ぐ者としての覚悟でした。初代吉右衛門については、私は本や雑誌等に書かれたことでしか知る手段はないのですが、一代で「中村吉右衛門」の名を大きくし、数々の当たり役があります。それらの役の多くは、当代吉右衛門も何度も演じています。

生まれた時から、播磨屋の跡継ぎになることが決められていたとのことですが、

一代で名優にのぼりつめた養父、初代吉右衛門の跡を継ぐ苦しさ。今だから言えますが、順風満帆な人生ではありませんでした。(第1回) 

 と、当代吉右衛門は述べています。おそらく、想像しきれない苦労や努力によって、当代吉右衛門の歌舞伎役者としての芸が成立しているのだと思います。「初代ははるかかなたの存在であり、まだまだ追いつけるとは思っていない。」と述べていますが、当代吉右衛門の舞台も素晴らしいと思っています。

歌舞伎俳優名鑑 想い出の名優編 中村吉右衛門(初代)

 歌舞伎 on the web

 

「秀山祭」への思い

 養父の初代吉右衛門が練り上げて当てた数々の芝居。それを受け継ぐことを使命に、ずっとやって参りました。しかし、芝居は一度やったら消えてしまいます。私が消え去るのはいいとしても、初代がのこしたものがなくなってしまうのは無念です。二代として耐えられない。次の世代に継承してもらうことを考えなければいけません。

かつて初代を中心とした「吉右衛門劇団」というものがありました。私は30代の頃から何度か復活を願いましたが、なかなか難しいことでした。

そこで考えたのが、祥月である毎年9月に、初代を顕彰してゆかりの演目を披露する公演を立ち上げることでした。初代の芸と志をなんとかのこしたいと思ってのことです。私にそれだけの器量があるとは思いませんが、それは跡継ぎとしての務めであると思ったわけです。(第27回)

 

秀山祭で初代の役を手がけることで、実父(初代松本白鸚)の稽古を思い出し、実父が初代から受けた教えを改めて見つめ直す機会になったとも述べています。

秀山祭を通じて次の世代に初代の芸を残したい。播磨屋の芸風を受け継ぐ人が育ってくれれば、ありがたいと思っています。

そのために私は、自分自身が初代の当たり役を演じるのはもちろん、播磨屋の志向する芸域に、いまの若い人たちも向いてもらうよう、はなむけの馬子になれたらという気持ちでいます。(第27回) 

 

今月の歌舞伎座にも、若手の役者さんが多く出演します。当代吉右衛門と同じ舞台に立つ役者さんは特に、播磨屋の芸というものを身近に触れ、多くを学んで欲しいと思います。

そして、娘婿である尾上菊之助については、次のように述べています。

今まであまり共演がなかった尾上菊之助さんとは最近、一緒に出る機会が増えました。2013年にうちの四女と結婚したのがご縁です。孫も授かりました。昨年4月には「傾城反魂香(けいせいはんごうこう)」で夫婦役をしました。彼はとても研究熱心です。共演しながら私の芝居を見ているようで、少々緊張します。

先月、歌舞伎座の「夏祭」では孫(寺嶋和史)と初めて芝居で共演しました。じじばかですが、こんなにうれしい芝居はありませんでした。いつか「寺小屋」や「盛綱陣屋」を一緒にやりたいものです。(第29回) 

 

「傾城反魂香」、「夏祭」とも見ていますが、確かに、尾上菊之助が当代吉右衛門の芝居を舞台でよく見ているように思いました。また、「寺小屋」や「盛綱陣屋」での孫との共演は、近いうちにありそうな気がしています。

 

80歳の弁慶にも期待

 今の目標は、80歳で「勧進帳」の弁慶をやることです。数えの77歳となる喜寿で一度やり、また80歳でできたらと思っています。なぜ弁慶かというと、役者としてこんなにつらく、えらい役はありません。しかし弁慶ほど、演(や)り終えて達成感のある役もないのです。フルマラソンを完走してゴールに倒れこんでしまうように、花道を引っ込んだらそこで力尽きるような役です。それを80歳でできたらいいな、という希望です。(第30回)

 

勧進帳」の弁慶役の大変さは、映画「わが心の歌舞伎座」で再認識しました。

「わが心の歌舞伎座」では、「勧進帳」の弁慶を勤めた十二代市川團十郎が、花道を引っ込んでから、息をきらせながら楽屋に戻っていく様子の映像があり、「弁慶は、こんなにも大変な役なのか…。」と思いました。「勧進帳」は人気狂言なので、上演されることが多いのですが、勤める役者はとても大変。でも、それ以上に、弁慶は、やりがいのある役なのかもしれません。

当代吉右衛門の、80歳で勤める「勧進帳」の弁慶、ぜひ見たいです。一世一代と銘打って上演されることになるでしょうか?

 

今月の歌舞伎座で、吉右衛門の舞台を堪能してきます

私の履歴書」は、7月の間、毎朝楽しみに読んでいました。今回、改めて通して読んでみて、歌舞伎への思いと、播磨屋の芸の継承への思いが強いことがわかりました。

中村吉右衛門名跡を含めて、播磨屋の芸がどのように継承されていくのか全くわかりませんが、今月は当代吉右衛門の舞台「俊寛」と「河内山」を堪能してきたいと思っています。

 

www.kabuki-bito.jp

www.kabuki-bito.jp

www.kabuki-bito.jp

東京在住の秋田県出身者が、甲子園での金足農業高校の活躍を振り返る

先週の今頃は、第100回夏の甲子園での地元・秋田県代表の金足農業高校の活躍に、インターネットで情報を集めていました。

私は野球の知識がありませんし、専門家の方がいろいろコメントしているので、ここでは、東京在住の秋田県出身者がどう見ていたかを書きます。ちなみに、私は、秋田県出身ではありますが、金足農業高校とは全く縁はありません。

 

金足農業高校の活躍は、想定外でした

正直なところ、始まる前はほとんど関心がなく、吉田投手のことも全く知らなかったので、

「今年は猛暑で、甲子園は大変だろうな。」

とか、

「どうせ、秋田県代表はすぐ負けるんだろうな。」

と思っていました。それが、準優勝するとは!

さすがに、全国選抜の選手を擁する大阪桐蔭高校には、歯が立たなかったですね…。日程的にも、夏の暑さも厳しいものがあったと思います。

本当に、よくがんばったと思います。

 

34年前に準決勝まで勝ち進んだことは覚えています

金足農業高校が34年前に準決勝まで勝ち進んだことは覚えていますが、どういう風に勝ち進んでいったかは覚えていませんし、準決勝の対戦相手が桑田選手・清原選手を擁するPL学園だったことも、完全に忘れていました。今にして思えば、ここまで勝ち進んだのは、すごいことだったかもしれません。

当時も、秋田県では、金足農業高校の活躍で、盛り上がっていたように記憶をしています。*1

number.bunshun.jp

 

秋田の夏は、結構暑い

秋田県は北にありますが、夏はかなり暑いです。もちろん、その年によって、冷夏で寒い年もありますし、沿岸部と内陸部、北部と南部でも気候は違います。以前、お盆の頃帰省した時は、東京よりも秋田の方が暑かった年もありました。

日中暑くても、夜は比較的涼しくなりますし、お盆を過ぎると、急に秋めいてくることが多かったように記憶しています。

でも、大阪や甲子園の暑さには敵わないと思います。

大阪にいる叔母からは、「夏は暑いから、遊びに来ないように。」と言われています。

兄が大学生の頃、甲子園に県代表として出場した出身高校の応援に甲子園に行ったことがありますが、あまりの暑さに、「もう懲りた…。」と言っていました。

 

秋田県高校野球強化プロジェクト

今回の金足農業高校の躍進には、秋田県による「高校野球強化支援プロジェクト」があったそうです。2011年から始まったこのプロジェクトの目標は「4強入り」で、今回、その目標を上回る結果となりました。

このプロジェクトは、秋田県は公立高校が多いこと、野球の人気が高いことで成立したかもしれません。たいていの中学校には、軟式野球部があったように記憶しています。今はどうかわかりませんが、スポーツは割と盛んな方かもしれません。

8年間のプロジェクトは今年が最終年とのことですが、今回の成果の検証も含めて、もう少し続けてみて欲しいと思っています。問題は予算がつくかどうかですが。

 

www.kahoku.co.jp

www.sankei.com

www.asahi.com

 

金足農業高校の活躍で、秋田県は盛り上がった!

今回の金足農業高校の活躍で、秋田県はかなり盛り上がったようです。この期間、私は東京にいて、秋田には行っていないのですが、地元の新聞「秋田魁新報」は金足農業高校で埋め尽くされていました。昨晩行われた「大曲の花火」でも、金足農業高校の健闘をたたえる花火の打ち上げがあったようです。

www.asahi.com

 

金足農業高校の甲子園での活躍は、秋田県に元気をもたらしてくれたと思っています。

改めて、金足農業高校、準優勝、おめでとう!

*1:秋田県も広いので、どこまで盛り上がっていたかは不明です。少なくとも、金足農業高校がある秋田市周辺では盛り上がっていたと記憶しています。

夏休みの自由研究は、図書館を活用してみませんか?

f:id:L-Komachi:20160813085102j:plain

 

8月も折り返し地点を過ぎました。

夏休みの宿題は、片付いていますか?

夏休みの宿題の中では、自由研究と読書感想文が大変ではないかと思います。

自由研究は、学校から出されたテーマを調べる場合もありますし、自分でテーマを見つけて調べる場合もあるかと思いますが、夏休みの自由研究は、ぜひ、近くの公共図書館を活用して欲しいと思っています。

 

夏休みの宿題に役立つイベント、図書館でやっています!

夏休みの期間中、図書館では、様々なイベントや読書感想文や自由研究をお手伝いするイベントや企画展示をやっています。

残念ながら、すでに終わってしまったものもありますが、まだ間に合うものもあると思いますので、まずは、近くの図書館に行ってみてはいかがでしょうか? イベント情報は、図書館のホームページに掲載されているので、休館日や開館時間の確認と合わせて、イベント情報も確認してみてください。

 

図書館ホームページには、自由研究に役立つ情報も載っています

図書館ホームページには、自由研究や読書感想文に役立つ情報が掲載されています。その中から、小学生が対象と思われるものをいくつかご紹介します。

 

◇ これならできる!自由研究 111枚のアイディアカードから選ぼう東京都立多摩図書館

www.library.metro.tokyo.jp

図書館が作成している自由研究に役立つ資料として、東京都立多摩図書館が作成した、小学生の自由研究のアイディアカードがあります。カードは 111種類あり、教科、テーマ、読みたい本の3種類から探すことができます。

カードには、自由研究に役立つ本も紹介されています。詳しくは、紹介されている本を参考にしてみるのが良いと思います。

ちなみに、このページは「夏休みの時期になると、アクセス数が増える」と聞いています。

 

◇ 調べ方マニュアル(パスファインダー(県立長野図書館)

www.library.pref.nagano.jp

図書館では、「調べ方マニュアル」「パスファインダー」という名前で、テーマごとの本のリストを作成しています。館内で配布しているほか、ホームページで公開している図書館もあります。「調べ方マニュアル」「パスファインダー」を参考に、本を探してみてはいかがでしょうか。

例えば、県立長野図書館のホームページには、夏休みの企画展示「しらべるって楽しい!!夏休み図書館」で用意した「調べ方マニュアル(パスファインダー)」が掲載されています。テーマは、 お金、記念日、宇宙、スポーツ、戦国時代の武将、昆虫の模型をつくる等、25種類あります。

 

◇ 本の企画展示「夏休み郷土研究・自由研究の本」のお知らせ(記念図書館)(茨城県日立市立図書館)

www.city.hitachi.lg.jp

夏休みに合わせて、自由研究に役立つテーマで企画展示を行い、本を紹介している図書館もあります。

日立市立記念図書館では、7月1日(日)から7月29日(日)まで、本の企画展示「夏休み郷土研究・自由研究の本」を行い、約200冊の本を展示・紹介していたようです。配布していた資料リストがホームページで公開されています。

自分の住んでいる地域のこと-歴史、自然、伝説など-に関する資料は、地域の図書館が力を入れて収集しています。地域のことを調べる時は、ぜひ、お近くの図書館をご利用ください。

 

図書館司書にご相談ください

「図書館に来たのはいいけれど、本がたくさんありすぎて、どこを見たらいいかわからない。どうしよう?」

「蔵書検索をしたけれど、自分のテーマに関する本がうまく見つからないんだけれど…。」

このような時は、ぜひ、図書館の司書にご相談ください。図書館司書が、調べたいテーマの調べ方、資料の紹介などを行います。ご相談の際は、どういうテーマについて調べているのか、自分がどこまで調べているかなどをお伝えいただけると助かります。

 

毎年、夏休みの時期は、自由研究のために図書館に調べに来たと思われる子供や親子連れをよく見かけます。カウンターで質問を受けた時に、

「えっ! こんなことを調べてまとめなくてはいけないの!?」

と、思ってしまうようなテーマであることも…。内心では焦りながらも、なるべくテーマにあった本を見つけよう、と努力しています。そして、紹介した本がテーマに合っていたのか、最初は不安だった顔が、ぱっ、と明るくなる瞬間を見た時は、密かに、ガッツポーズをしています。

 

なお、司書ができるのは、調べ方の案内や資料の紹介までです。

資料の内容を確認して、まとめるところは、自由研究をする方となりますので、ギリギリではなく、余裕を持って図書館を活用していただくことをお薦めします。

 

銀座で女子会

f:id:L-Komachi:20180811201831j:plain

 

世の中的には、今日からお盆休み。最近は、お盆の時期をずらして夏休みをとる方も少なくないようですが、今日は朝から、新幹線、高速道路など、とても混雑しているようです。

私は、今年はまとめて夏休みがとれそうもないので、秋田への帰省はあきらめました。

でも、東京にいても、やらなくてはいけないこと、やりたいことがたくさんあります。

 

Bills銀座でブランチ

今日は、塾などの関係で、秋田に行かずに東京に残った義姉と姪と、女子会をしました。

午前10時(!)に銀座で待ち合わせをして、予約がとれなかったBills 銀座へ。「ダメだったら、あきらめよう。」と話していたのですが、ほとんど待たずに入店できました! 

店内はほぼ満席で、外国人の方も多かったです。店内は座席の間隔も広く、ゆったりとした感じ。店内のあちこちに花やグリーンが置かれていました。冒頭の写真は、私の席の後ろにあった花で、お店の人によると、蘭の花だとか。

リコッタパンケーキとフレンチトーストを注文し、3人でシェアして食べました。

f:id:L-Komachi:20180811203927j:plain
f:id:L-Komachi:20180811204009j:plain

 

 シェアして盛り付けた後の様子。写真を撮るのに夢中で、パンケーキにメイプルシロップをかけるのを忘れました…。

見た感じでは、一人分でもかなりのボリュームがあったのですが、パンケーキもフレンチトーストもあまりふわふわで重くなく、甘さも控えめでおいしかったです。

f:id:L-Komachi:20180811204158j:plain
f:id:L-Komachi:20180811204241j:plain

 

ドリンクは、コールドブリューアイスコーヒーを注文しました。

f:id:L-Komachi:20180811205725j:plain

 

Billsは12階にあるので、窓際の席からは銀座の街を見渡すことができるようです。下の写真は、お店を出て、エレベーターに乗る前に見下ろした銀座の街。高所恐怖症の方は、こわいかもしれません。

 

f:id:L-Komachi:20180811112232j:plain

 

ロフトと東急ハンズのはしご

ブランチの後は、「文房具が見たい!」という姪のリクエストで、銀座ロフトと東急ハンズ銀座店をはしごしました。

ロフトも東急ハンズもお店によって品揃えが違いますし、ロフトと東急ハンズでも品揃えが違うことを改めて再確認できました。個人的には、銀座ロフトで見かけた雑学罫線ノート*1が面白いと思ったですが、老眼が始まりかけているせいか、目がちかちかして、あきらめました…。

姪は店内を隅から隅まで見て回り、時間をかけて、あれこれ悩みながら選んでいました。お目当てのものが買えたようで、満足そうでした。

 

フランスの、さわって楽しむ絵本読書室@ATLIER MUJI

私が行きたいと思っていた、無印良品有楽町店内のATLIER MUJIで行われている「フランスの、さわって楽しむ絵本読書室」にも行きました。

フランス・ブルゴーニュ地方、タランという町にある工房でつくられた、目の不自由な子供たちのための絵本が大きなテーブルの上に並べて展示してあり、自由に触って楽しめます。フランス語(墨字と点字)はわからなくても、大人から子供まで、絵本を触って楽しむことができます。私がいた時も、親子連れで絵本に触って楽しむ方などがいました。

視覚に障害を抱えた方々に対する理解を深めるためにも、ぜひ多くの方に見て欲しい展示だと思いました。

 

突然のにわか雨

それにしても、今日はよく歩きました。今日は、女子会ということで、甘いものの摂取量が多めだったと思いますが、摂取した分のカロリーは消費できたかもしれません。

また、午後4時頃、銀座付近は、かなり強い雨が降りました。日傘(雨傘兼用)を持っていたのですが、傘をさしてもぬれるくらい。でも、雨は局地的だったのか、自宅付近は、雨が降った形跡は全くありませんでした。

 

銀座に行くことは多いのですが、割とピンポイントで目的を決めて行くことが多いように思います。

今日、銀座・有楽町付近を歩いてみて、ソニービルの跡地が「Ginza Sony Park」という面白そうな空間になっていること、エルメスのビルの屋上に馬に乗った騎士像があることなど、新たな発見も多かったです。

www.ginzasonypark.jp

 

「もう少し涼しくなったら、銀座の街をゆっくり歩いてみるのも楽しいかもしれない。」と思った1日でした。

義姉と姪との女子会もまたしたいのですが、姪はお受験だそうなので、次は姪の受験が終わってからになりそうです。合格祝いができるといいのですが。

 

*1:百人一首、市名、元号、国名、素数が、罫線になっているノート。それぞれ、2種類ありました。