夏休みに図書館情報学実習に行く学生さんへ

f:id:L-Komachi:20160812082223j:plain

 

世の中的には3連休初日の今日の東京は、猛暑日でした。多くの図書館は祝日も開館していますので、ぜひ図書館に涼みにいらしてください。ただし、この暑さだと、図書館が冷房を入れていても、あまり涼しくないかもしれませんが…。

 

実習先の図書館のホームページは見ましたか?

夏休みの時期は、図書館ではいろいろイベントがありますが、図書館での調べ学習の講座を開いたり、図書館情報学実習の学生さん、インターンシップの生徒さん・学生さんを受入れたりもしています。勤務館でも、今月下旬から来月にかけて、図書館情報学実習の学生さんを数名、受入れる予定です。

今年は担当ではないのですが、今まで何回か図書館情報学の学生さんの対応をしたことがあります。何度か、事前に図書館のホームページを確認して来なかった(実習が始まってから、実習先の図書館のホームページを見た)という学生さんがいたことがありました。

たいていの図書館はホームページがあり、いろいろ情報発信を行っています。受入れる側としては、自分の実習先の図書館がどんなところなのか、事前にホームページくらいは確認してから来て欲しいと思っています。

 

できれば、事前に図書館を見てもらえると、もっとうれしい

授業やゼミなどで時間的に難しい、あるいは、大学から遠くて距離的に難しいかもしれないのですが、できれば、事前に実習先の図書館を利用者として見学してもらえると、受入れ側としては、もっとうれしいです。

図書館は毎日、様々な方が利用していて、苦情も少なくはないのですが、苦情以外の利用者の声が図書館側に届きにくいという現状があります。利用者として図書館に来た際に、どんなことを感じたか-利用者はどういう人が多かったとか、館内の様子はどうだったとか、資料の配置はどうだったとか-、些細なことでもいいので、感じたことを教えてもらえると、図書館側としても参考になります。

 

図書館情報学実習の機会を活用してください

図書館情報学実習は、図書館の裏側の仕事を知る貴重な機会です。

大学で、図書館情報学の理論をたくさん学んでいると思いますが、実際の図書館の現場では、大学の授業では教わらないことがたくさんあります。図書館ごとに、日々の業務をスムーズに回していくために様々な工夫をし、マニュアル化しています。より良い図書館サービスを提供するために、様々なことが行われていることがわかるのではないかと思います。

私も、大学3年の夏休みに、都内の公共図書館で約2週間、図書館実習*1をしました。午前中に図書館の仕事の説明を受けて、午後は、図書館の仕事をする、というような感じの毎日でした。実習に行ったことで、公共図書館の仕事に関心を持ち、現在に至っています。公共図書館に図書館実習に行かなかったら、私は公共図書館の司書にならなかったかもしれません。私にとっては、図書館学実習が人生の1つの転機になりました。(ちょっと、大げさ??)

 

図書館情報学実習中は覚えることが多くて、毎日大変だと思います。

実習の機会を活用して、公共図書館の仕事を知るとともに、多くのことを学んで持ち帰って欲しいと思っています。

*1:私の頃は「図書館情報学実習」ではなく、「図書館実習」という名前でした。(年がばれる?)

Jリーグを見に行きませんか?

ワールドカップも、いよいよ大詰め

ワールドカップ、ベスト4が決まりました。

私自身は、「見たらおもしろいだろうな~。」と思いつつ、睡眠を優先しているため、日本代表の試合を含め、試合はほとんど見ていません。朝起きて、結果を確認して、ネット記事などで詳細を確認したりという日々です。

ワールドカップが始まる前は、あまり盛り上がっていなかったように思います。日本代表は、残念ながら、ベスト8に進出することはできなかったのですが、ワールドカップは、日を追うごとに盛り上がってきているように感じます。

セネガル戦の後だったと思いますが、朝の電車で、サッカーに全く関心がなさそうな女子高生が、

「本田、マジやばい。」

とか話をしていて、びっくりしました。

そして、次の日本代表監督は誰だとか、次の日本代表メンバーは誰になるとか、様々な憶測も飛び交っています。

 

私がサッカーに興味を持ったきっかけは、長谷部本

私自身はスポーツが苦手なこともあって、サッカーを含め、スポーツ観戦には全く興味はありませんでした。

そんな私が、サッカーに興味を持ったきっかけは、長谷部誠選手の本『心を整える』を読んだことです。(画像は文庫本ですが、単行本で読みました。)

 

この本が話題になっていたこともありますが、長谷部選手が、南アフリカ大会の時に『ニーチェの言葉』を読んでいたとか、読書家であることが紹介されていたことで、この本を手にしました。その後、サッカー日本代表にも少し興味が出てきて、とりあえず、結果をチェックするようになりました。内田篤人選手の『僕は自分の見たことしか信じない』とか、他の選手の本も読んだりしました。

 

 

Jリーグを見に行ったら、はまりました

2015年5月に、ハリルホジッチ監督(当時)が国内組のみの合宿を行った頃、

「そう言えば、Jリーグの試合、観戦したことがなかったな。1回、行ってみようかな?」

と思い立ち、自宅から一番近いスタジアムである等々力陸上競技場に観戦に行くことにしました。*1 後援会に入るとチケットがとりやすいかも、ということで、後援会にも入会し、会員特典でもらった自由席チケットで観戦に行きました。

そして、サッカーのルールは全く知らないくせに、スタジアムで見る迫力とか、スタジアムの雰囲気とかが楽しくて、そのまま、サッカー観戦にはまりました。

昨年の、J1リーグ決定の瞬間も見ることができました。あの時は、本当にすごかった…。

f:id:L-Komachi:20171202155923j:plain
f:id:L-Komachi:20171202161647j:plain

 

現在もまだサッカーのルールはよくわかっていないくせに、等々力陸上競技場で行われる試合は見に行くようにしています。*2 ちなみに、見に行くのは等々力陸上競技場で行われるホームゲームのみで、基本、アウェイゲームは遠いことを理由に行きません。埼玉スタジアムで行われた昨年のルヴァンカップ決勝と、今年のゼロックス杯には見に行きました。

 

Jリーグを見に行きませんか?

今回のワールドカップで、「サッカー、面白いかも?」と思った人も多いのではないでしょうか。そんな方には、Jリーグ観戦をお薦めします。DAZNで海外サッカーも良いと思いますが、スタジアムでの観戦は独特の雰囲気もあって、楽しいです。

周りにいるサッカーファンの方に連れて行ってもらうのが一番楽ですが、一人でも大丈夫です! 男性だけでなく、女性も一人で見に来ている方、意外と多いです。もちろん、家族やグループでも大丈夫です。見に行くのは、私のように一番近いスタジアムに行くのでも良いし、気になる選手のいるチームの試合を見に行くのでも良いと思います。

どこのチームも、ホームページでスタジアムへのアクセス方法とか、チケット購入方法などを案内しています。また、サポーターの方が初心者向けに、「初めての観戦ガイド」のような記事を書いているので、参考にするのが良いと思います。何時頃行けばよいかとか、持ち物とか、服装とか、私もいろいろ参考にさせていただきました。

後援会に入会するかどうかは、ご自身の判断で。入会していた方が、チケットが先行発売で買えるとか、会員価格で買えるとか、特典はあります。

ロシア大会では、残念ながら国内組の選手の出場機会は少なかったのですが、そんな選手達を見ることができます。*3 日本代表のメンバーが大きく変わりそうなので、次は誰が選ばれるのかという視点で見るのもおもしろいかもしれません。ベテラン選手や、東京2020大会に出場するであろう若手選手もいます。

J1は中断期間中ですが、J2、J3の試合はワールドカップ期間中も行われています。水曜日には天皇杯もあります。

私の次の観戦は、7月22日(日)の川崎フロンターレV・ファーレン長崎戦の予定です。V・ファーレン長崎のマスコット、ヴィヴィ君が来るのも楽しみです。ヴィヴィ君、すごい人気なんだろうな…。

*1:都内在住ですが、味の素スタジアムは、自宅からはちょっと遠いのです…。

*2:シーズンチケットを購入しています。一度の出費は大きいものの、チケット購入の手間が省けるし、1枚当たりの金額も安くなるので。

*3:もしかしたら、海外にチャレンジする選手もいるかもしれませんが。

今月の「私の履歴書」は中村吉右衛門

私の履歴書」に中村吉右衛門

今朝の『日本経済新聞』を開いたら、文化面の「私の履歴書」、今月は中村吉右衛門でした! 歌舞伎ファンで、贔屓の役者さんの一人が中村吉右衛門なので、うれしいです。

 

 連載第1回の今日の記事は、何度も読み返しました。

江戸初期に生まれた歌舞伎も、幾多の名優や作者の努力によって、文化文政のころ円熟します。江戸の文化の何がいいかといって、戦争のない時代にできたことではないでしょうか。そんな時代に熟成した文化である歌舞伎の香り、これを大切にしてほしい。 

 

歌舞伎役者としての歌舞伎への思いがたくさん詰まっています。自分が受け継いだ歌舞伎役者としての経験を次の世代に引き継いでいきたいという気持ちが、今回の連載につながったように思いました。(本当のところは、どうなのでしょう?)

 

私の履歴書」は面白い

秋田の実家で購読していた新聞は、『朝日新聞』です。

日本経済新聞』を読むようになったのは、ビジネス街にあった図書館で勤務していた時です。場所柄、図書館の利用者もビジネスマンが多かったと思います。「今日、この本についての問合せが多いな。」と思ったら、実は、日経の書評や広告に載った本だったということが続き、日経をチェックするようになりました。そのうち、書評欄目当てに、週末、日経を購入して読むようになりました。

 

勤務先が図書館ということもあって、新聞は購読していないのですが、土・日曜日とか、時間がある時に、コンビニなどで買って読んでいます。土曜日は読書欄、日曜日はNIKKEI STYLEが目当てですが、「私の履歴書」も面白いです。最近では、今年4月の、ジャパネット高田創業者の高田明さんの回が、特に面白かったと思います。

今月は、「私の履歴書」目当てに、毎日、日経を買おうか、思案中です。買いそびれたとしても、勤務先の図書館にあるので読めるのですが。

 

先月の中村吉右衛門の舞台は素晴らしかった

先月の歌舞伎座夜の部で、中村吉右衛門は、「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」の団七九郎兵衛を勤めましたが、とても良かったです。「長町裏」での舅・義平次を殺す場面、本当は残酷な殺しの場面のはずなのですが、やむを得ず殺すことになってしまった狂気と絶望感が表裏一体となっていました。中村吉右衛門義太夫狂言は絶品だと思っています。

 

中村吉右衛門の自伝的な本は、すでに何冊か出ていますし、『演劇界』などにインタビュー記事も載っています。今月の「私の履歴書」はどういうエピソードが語られるか、とても楽しみです。

そして、連載終了後は、単行本化を期待しています。

 

半ズボンをはいた播磨屋

半ズボンをはいた播磨屋

 

 

物語り

物語り

 

 

二代目 聞き書き 中村吉右衛門

二代目 聞き書き 中村吉右衛門

 

 

6月のアジサイ

梅雨明けしました

昨日関東甲信地方が梅雨明けしたとみられるという発表がありました。平年より22日早く、関東甲信地方が6月に梅雨明けするのは初めてだそうです。

梅雨のジメジメした天気は嫌ですが、こんなに早く梅雨明けして大丈夫だろうか、水不足の心配はないのだろうか、異常気象の1つではないのだろうか、とか、いろいろ気になります。おまけに、ここ数日の暑さに、体がついていけない状況です…。

 

今年の公園のアジサイの花

通勤途中で通り抜ける公園の、芝生広場の周りに、アジサイの植込みがあり、毎年、梅雨の時期はアジサイの色が変わるのを観察していました。今年はアジサイの植え替えがありました。4月頃から花があったのですが、あまり花を楽しむことができなかったように思います。

4月頃のアジサイの花。「こんなアジサイの花があるんだ。」と、通勤途中で写真を撮りました。

 

f:id:L-Komachi:20180425180740j:plain
f:id:L-Komachi:20180425180718j:plain

 

5月下旬頃には、こんなアジサイの花が咲いていました。

f:id:L-Komachi:20180512175411j:plain
f:id:L-Komachi:20180512175441j:plain

 

6月は、白い、大きなアジサイの花が咲いていました。

f:id:L-Komachi:20180615120932j:plain
f:id:L-Komachi:20180615120924j:plain

 

そして、今年は、「どうしてこんな場所に?」と思うようなところにアジサイが咲いているのを見かけました。野生化(?)したのか、花がとても大きいものもありました。

f:id:L-Komachi:20180626082817j:plain
f:id:L-Komachi:20180626082807j:plain
f:id:L-Komachi:20180626082754j:plain
f:id:L-Komachi:20180626082749j:plain

 

近所の公園のアジサイ

先日、近くのショッピングセンターに行く途中の公園の一角に、様々なアジサイの花の植込みがあるのを発見しました。駅とは反対側でめったに通らないので、知りませんでした。それとも、最近できたののでしょうか? 赤系の花のアジサイなど、様々な種類のアジサイの花が植えられていました。

f:id:L-Komachi:20180617152721j:plain
f:id:L-Komachi:20180617152630j:plain
f:id:L-Komachi:20180617152353j:plain
f:id:L-Komachi:20180617152406j:plain
f:id:L-Komachi:20180617152509j:plain
f:id:L-Komachi:20180617152220j:plain
f:id:L-Komachi:20180617152702j:plain
f:id:L-Komachi:20180617152202j:plain
f:id:L-Komachi:20180617152622j:plain
f:id:L-Komachi:20180617152209j:plain

 

家の近くも、だいたい、同じ道を通ることが多いのですが、いつもと反対方向とか、違う道を通ると、今まで知らなかった新たな発見がありそうです。

成城石井の生プレミアムチーズケーキを食べました

 

久しぶりに立ち寄った成城石井で、「生プレミアムチーズケーキ」に遭遇

成城石井は、オリジナル商品を目当てに、時々行きます。 スイーツでは、自家製「プレミアムチーズケーキ」の濃厚な味わいが好きで、買うことが多いかもしれません。 久しぶりに立ち寄った成城石井で、「生プレミアムチーズケーキ」というカップ入りの商品を見かけました。「こんな商品、出ていたんだ…。」と思って見ていたところに、若い女性のグループがそばを通りかかり、 「これ(=生プレミアムチーズケーキ)、めっちゃ、おいしんだよね~。」 と言って去っていきました。それを聞いて、食べてみようと思い、購入しました。 

 

「生プレミアムチーズケーキ」は2月に発売されていた!

自宅に帰ってからネットで調べてみると、「生プレミアムチーズケーキ」は2月上旬に発売された商品だったようです。知りませんでした…。 その頃は、かなり仕事が忙しくて、あまり余裕がない時期だったので…。

 

 名前のとおり、“生”タイプのチーズケーキ

f:id:L-Komachi:20180624205903j:plain
f:id:L-Komachi:20180624210222j:plain

 

カップを開けると、表面には、「プレミアムチーズケーキ」でもおなじみのクランブルがトッピングされています。その下に生クリームととろとろのチーズケーキが中に、レーズンとアーモンドスライスが入っていました。フォークではなく、スプーンで食べるチーズケーキです。最初は「結構、大きいかな?」と思いましたが、くどさはなく、完食しました! 

気になるカロリーは、「生プレミアムチーズケーキ」で1食分くらい(600カロリー強)あるとか…。がんばった時のご褒美とか、疲れている時のパワーチャージに、成城石井の「生プレミアムチーズケーキ」は良いかもしれません。

おそらく、近日中にリピート買いしそうです。来月、健康診断があるので、その後にした方が良いかもしれないのですが。