『10倍速く書ける 超スピード文章術』

 
10倍速く書ける 超スピード文章術

10倍速く書ける 超スピード文章術

 

 

 

 文章を早く書けるようになりたい!

仕事の時も、プライベートの時も、文章を書く機会は意外と多いのではないでしょうか。特に、仕事では、何かと「書く」ことに多くの時間を費やしています。業務日誌、レファレンスの記録や回答の作成、引継ぎのメモ、メール、報告書、研修資料用資料の作成、会議や打ち合わせの記録、事業計画、投書への回答、etc・・・。

“ブックライター”として、「書くこと」を仕事としている著者は、1か月で15万字を書いているそうです。「書くスピード」を速くすれば、仕事の生産性が上がる。文章を書くスピードを上げるには、「何を書くか」に集中すること。そのための様々なコツを、本書で紹介しています。

 

それでは、どうすればいいのか?

文章は「ゼロ」から書き始めるのではなく、文章の「素材(=文章の中身)」を集めて、書く準備をすることが大切なのだそうです。

そのステップは、以下のとおりです。

1.書く目的と読者を定める

2.素材を集める

3.素材を組み立てる

4.一気に書ききる

5.見直す

 

〇書く目的と読者を定める

そして、素材を集める際に大事なのは、「ターゲットを定める」ことです。

最初から「みんな」に伝わる文章を書こうとすると、結果的に、誰にも伝わらない可能性が高いのです。(p.81)

 

言われてみれば、確かに、相手によって、説明の内容を変えることはよくあります。

例えば、図書館の業務を説明する場合でも、館内異動で配属された司書職員の場合、図書館見学に来た小学生の場合、司書課程の学生さんの場合、図書館見学ツアーに参加した一般の方の場合などで、少しづつ話の内容を変えているのではないでしょうか。文章の場合も同じで、「自分の思い」だけを書いても、相手には伝わらないことが少なくありません。著者は「読者の相場観」と言っていますが、ターゲットとする相手が、どういうことに関心を持っているかを常に意識して書くことが大事なのです。

 

〇素材を集める

素材は、「早めに、たくさん集めて、あとで削る」こと。そのためには、とにかくメモすること、自分の体験したことも素材に落とし込むことを著者は勧めています。

 

〇素材を組み立てる

集めた素材は、書く前に、すべて「見える化」します。集めた素材を一覧することで、過不足がないかがわかります。素材が足りなければ、追加することができます。

そして、目の前にいる相手に「しゃべって伝える」ように、素材の順番を並び替えます。ターゲットとする相手が知りたいことを意識し、ターゲットが「おもしろい」と感じて読んでもらえるよう、順番を考えていくことが大事です。

 

〇一気に書ききる

集めた素材を使って、最初から完成形を目指さず、悩まず、とにかく一気に、最後まで書ききることが大事だと、著者は述べています。

読みやすい文章を書くポイントとして、以下の7つを上げています。(p.157~160)

・一文を短くする

・スラスラ読める「リズム」をつくる

・「 」の強調使用

・順接の接続詞(「だから」「また」「さらに」など)を使わない

・逆説の接続詞で展開を生む

・難しい日本語を「翻訳」する

・リアリティを意識する

 

これらは、私自身、文章を書く際に意識するようにしていることでもあります。

 

〇見直す

著者の推敲のポイントは、「読みやすくすること」「わかりやすくすること」の2つだけだそうです。

詰まることなくスラスラ読める文章には「リズム」があり、「リズムが悪い」と感じる文章は「語尾」に原因があると述べています。(p.174)

 たとえば、体言止めをどの位置で、どれくらい使うか。

 「ですます調」と「である調」を、どれくらい織り交ぜるか。

 会話文と「地」の文をどんなバランスにしていくか。

 そんな視点を持ちながら、1文1文の語尾だけを見て、読みやすいと感じるものに調整死していく。そうすれば、少なくとも「悪いリズム」を回避できるはずです。

 それでもリズムが悪いときには、似た内容を繰り返している箇所を削除したり、指示語や順接の接続詞の量を調整すると、リズムに変化が生まれるはずです。

 

また、書き手がわからないことは、読み手にも伝わりません。読み手のことを考え、専門用語はそのまま使わず、わかりやすく言い換えることも不可欠です。

 

〇実践あるのみ?

最期に、「実践編 ケース別・速筆術」がついています。

実際に著者が書いたものを例示しながら、字数別の組み立て方や文章の書き方、文章の削り方など、著者のノウハウを紹介しています。これを読めば、文章が早く書けるようになるわけではありませんが、具体例が多く、「これだったら真似することができるかも?」というものも少なくありません。実際、このブログも、書くのに時間がかかっているので、もう少し早く書けるようになりたいのです…。(はてなブログの書き方に慣れていないせいでもあるのですが。)

この本を参考にしながら、相手に伝わる文章を、早く書けるようになれるようになりたいと思っています。

 

はてなブログへお引越し

f:id:L-Komachi:20180607181923j:plain:w250



本日、「はてなダイアリー」から「はてなブログ」へ引越しました。

はてなブログ」へ引越しする前に、実は、いろいろ悩みました。
はてなブログ」でいいのか。引越すのではなくて、心機一転、新しいブログとして始めた方がいいのか。雑記的にあれこれ綴るのではなくて、ちゃんとしたテーマで書いた方がいいのか。…などなど。

2009年1月に「はてなダイアリー」でブログを始めて、いろいろありました。ブログのタイトルどおり、図書館関係の記事を増やそうとしてはいますが、それだけだとうまく書けないことも多くて、結局、自分が気になったことを気ままにあれこれ綴ってきました。記事として、前回までで942記事を投稿していました。特に、最初の頃の文章はつたないし、変に力が入っている記事もあったりします。写真をたくさん掲載した手抜き的な記事もあります。でも、読み返すと、「あの頃の自分は、こんなことを考えていたんだ…。」と感慨深かったり。

そういうわけで、ブログタイトルも変えず、、とりあえず全記事を「はてなダイアリー」から「はてなブログ」に移行しました。内容も、当面は、今までと同様に、図書館のことだけではなく、自分の興味・関心を持ったことを、雑記帳的に、あれこれ綴っていきたいと思っています。
記事の書き方など、「はてなダイアリー」とは若干違う部分もあるので、これは、記事を書きながら覚えていくしかないかな、と思っています。ただし、写真の掲載は、「はてなダイアリー」では時間がかかっていたので、非常に楽になりました。

この後、少しずつブログのカスタマイズもしていきたいと思っています。

豊洲から銀座まで、歩いてみました

用事があって、豊洲に行ってきました。何かと話題の豊洲ですが、豊洲で下車したのは、今日が初めてかもしれません。豊洲駅そばの、アーバンドックららぽーと豊洲は、日曜日とあって、人が多かったです…。
さっさと用事を済ませた後、天気も良かったので、銀座まで歩いてみることにしました。事前に、だいたい4㎞で、1時間くらいかかることは調査済み。日差しが強かったので、なるべく日陰を選んで、歩きました。


建設中の建物も多くて、これから、東京オリンピックに向けて、建物がもっと増えて、街の景色も変わっていくのでしょうね。



春海橋からみた、築地方面。聖路加タワーが見えます。




霞がかかった感じで、はっきりとは見えなかったのですが、湾岸エリアからは、東京スカイツリーが近いようです。



道端に咲いていた、アジサイの花。
今回、歩こうと思ったきっかけは、勝鬨橋を渡ってみたかったからです。

      



勝鬨橋のフォルムは素敵でした。写真撮影をしている方も多かったように思います。車の通行も多くて、真ん中あたりは、結構揺れました。


築地市場付近、歌舞伎座の前を通り、なんとか銀座に到着。これだけ歩いたのは、久しぶりかもしれません。かなり疲れました…。
一応、事前に、豊洲から銀座までは、歩こうと思えば歩ける距離であることは確認していましたが、足元がサンダルだったのは失敗でした。両足に靴擦れができてしましたし、痛めていた膝も痛くなるし…。歩く時は、歩きやすい靴にしないとダメなことを再認識しました。

リニューアルオープンした神奈川県立川崎図書館に行ってきました

本日、神奈川県立川崎図書館が、「かながわサイエンスパーク(KSP)」内にリニューアルオープンしました。早速、本日の午後、一利用者として見学に行ってきました。

すでに写真付きの紹介記事がアップされていますので、館内の様子などは記事をご覧いただくのが良いと思います。*1


溝の口駅から徒歩15分」という案内だったので、徒歩で行きましたが、曲がるところを間違えたようで、行きは15分以上かかりました…。
KSPに何とかたどり着いた後も、図書館の案内表示をなかなか見つけられず、館内でも迷いました…。エスカレーターを上ったところにある案内刑事の左下に「県立川崎図書館」とあるのを、うっかり見落としたせいです…。2階の奥まったところに川崎図書館はありました。
もう少し、図書館への案内表示があった方が、KSPの外から来館される方にとっては、助かると思うのですが。



2階のワンフロアで、思っていた以上にコンパクトでした。内装は茶系、閲覧机が白で、落ち着いた雰囲気でした。「ものづくり情報ライブラリー」というコピーがついていて、今までの川崎図書館と同様、自然科学・工学系と社史を中心とした資料構成となっています。そして、以下の5つの機能をコンセプトとしています。

  • Research(調査):科学技術資料と電子ジャーナル
  • Inspiration(発想):ゆったりとくつろげる空間
  • Conference(交流):異分野・異業種の交流拠点
  • Study(考究):専門的なレファレンスと快適な調査環境
  • Liaison(議論):専門家との架け橋とグループ討議の環境

電子ジャーナル・データベース用のパソコンは18台あり、研究者や技術者にニーズの高い「IEEE」や{SCOPUS」という電子ジャーナル(公共図書館として初めて導入)を使えるのは、KSPという場所柄、とても魅力的なのではないでしょうか。データベースは、図書館カードあるいは身分証の提示で利用できるようです。総合カウンター前に6人掛けの3つの閲覧席のほか、窓にそって、24席の個人席が並んでいて(電源付き)、申込なしで利用できるようでした。館内では、Free WiFiが使えます(カウンターでパスワードの発行手続きが必要)。
奥には社史コーナーがあります。以前は暗くて狭かったので、ずいぶん使いやすくなりました。
書架の空きスペース(?)を使って、移転作業の様子を写真パネルで紹介してり、川崎図書館の刊行物を紹介するコーナーがありました。


スペースが限られているせいか、以前よりも資料が少ないように感じました。利用案内によると、技術関連の専門書や電気・通信・機械・化学工業関係の外国語雑誌のバックナンバーは外部の書庫に保存していて、取り寄せが必要なようです。


KSPが「バイオ、IT、半導体、エレクトロニクス、メカトロニクス等を中心とした分野の企業が先端技術の研究開発に取組でいる」ので、一番のターゲットは、ここで働く人なのだと思います。見学した時も、ネームプレートを下げた方を見かけました。見学した時は大人ばかりで、高校生以下と思われる利用者はいませんでした。


ただし、ざっと見た限りでは、資料面でもしかしたら専門家には物足りないかもしれないと思いました。あくまでも個人的な感想なのですが、例えば、以下の点です。

  • 資料がやや古いか。
  • 外国語資料が少ないか。
  • 辞書類が少なく、やや古いか。
  • 著作権関係の資料など、もう少し周辺分野の資料も充実した方が良いか。
  • 雑誌コーナーにあるのは最新号で、バックナンバーは請求が必要。


パソコン関係の書架を眺めていた時に、年配の男性の利用者の方*2に話しかけられました。
「資料が古いんだよね。コンピューター関係はどんどん新しくなるから、新しくないと使えない。もちろん、基本的な資料で、古くても必要なものはあるけど。」


スペースが限られ、置ける資料も数も限られますし、予算も限られているとは思いますが、紙資料の充実はもう少しテコ入れしてもいいように思いました。それから、館内のOPACがWeb OPACと全く同じで、川崎図書館で所蔵している資料のみに絞り込むことができなかったのは、どうなんでしょうか?(これも、私が機能を見つけられなかっただけかもしれませんが。)


ターゲットを絞ってのサービス展開という考え方は良いと思います。ただ、KSPの周辺はマンションも多いです。近くの住民の方々の反応がどうなのか、気になるところです。本当は溝の口の駅あたりに、川崎市立中原図書館のような、夜遅くまでやっている図書館があれば、一般利用者と専門家とで利用を分けることができるかもしれません。設置母体が違うので、すぐにどうこうできるわけではないと思うのですが。


まだ、開館1日目なので、利用者も少なかったように思いました。明日から、早速いろいろなイベントも行われるようなので、今後の動向を見守りたいと思います。


*1:館内は、撮影禁止の模様。撮影禁止のサインがありました。写真を撮ってもいいかの確認はしていません…。

*2:研究者、というよりも、近くに住んでいる方のようでした。

リニューアルオープンした神奈川県立川崎図書館に行ってきました

本日、神奈川県立川崎図書館が、「かながわサイエンスパーク(KSP)」内にリニューアルオープンしました。早速、本日の午後、一利用者として見学に行ってきました。

すでに写真付きの紹介記事がアップされていますので、館内の様子などは記事をご覧いただくのが良いと思います。*1


溝の口駅から徒歩15分」という案内だったので、徒歩で行きましたが、曲がるところを間違えたようで、行きは15分以上かかりました…。
KSPに何とかたどり着いた後も、図書館の案内表示をなかなか見つけられず、館内でも迷いました…。エスカレーターを上ったところにある案内刑事の左下に「県立川崎図書館」とあるのを、うっかり見落としたせいです…。2階の奥まったところに川崎図書館はありました。
もう少し、図書館への案内表示があった方が、KSPの外から来館される方にとっては、助かると思うのですが。



2階のワンフロアで、思っていた以上にコンパクトでした。内装は茶系、閲覧机が白で、落ち着いた雰囲気でした。「ものづくり情報ライブラリー」というコピーがついていて、今までの川崎図書館と同様、自然科学・工学系と社史を中心とした資料構成となっています。そして、以下の5つの機能をコンセプトとしています。

  • Research(調査):科学技術資料と電子ジャーナル
  • Inspiration(発想):ゆったりとくつろげる空間
  • Conference(交流):異分野・異業種の交流拠点
  • Study(考究):専門的なレファレンスと快適な調査環境
  • Liaison(議論):専門家との架け橋とグループ討議の環境

電子ジャーナル・データベース用のパソコンは18台あり、研究者や技術者にニーズの高い「IEEE」や{SCOPUS」という電子ジャーナル(公共図書館として初めて導入)を使えるのは、KSPという場所柄、とても魅力的なのではないでしょうか。データベースは、図書館カードあるいは身分証の提示で利用できるようです。総合カウンター前に6人掛けの3つの閲覧席のほか、窓にそって、24席の個人席が並んでいて(電源付き)、申込なしで利用できるようでした。館内では、Free WiFiが使えます(カウンターでパスワードの発行手続きが必要)。
奥には社史コーナーがあります。以前は暗くて狭かったので、ずいぶん使いやすくなりました。
書架の空きスペース(?)を使って、移転作業の様子を写真パネルで紹介してり、川崎図書館の刊行物を紹介するコーナーがありました。


スペースが限られているせいか、以前よりも資料が少ないように感じました。利用案内によると、技術関連の専門書や電気・通信・機械・化学工業関係の外国語雑誌のバックナンバーは外部の書庫に保存していて、取り寄せが必要なようです。


KSPが「バイオ、IT、半導体、エレクトロニクス、メカトロニクス等を中心とした分野の企業が先端技術の研究開発に取組でいる」ので、一番のターゲットは、ここで働く人なのだと思います。見学した時も、ネームプレートを下げた方を見かけました。見学した時は大人ばかりで、高校生以下と思われる利用者はいませんでした。


ただし、ざっと見た限りでは、資料面でもしかしたら専門家には物足りないかもしれないと思いました。あくまでも個人的な感想なのですが、例えば、以下の点です。

  • 資料がやや古いか。
  • 外国語資料が少ないか。
  • 辞書類が少なく、やや古いか。
  • 著作権関係の資料など、もう少し周辺分野の資料も充実した方が良いか。
  • 雑誌コーナーにあるのは最新号で、バックナンバーは請求が必要。


パソコン関係の書架を眺めていた時に、年配の男性の利用者の方*2に話しかけられました。
「資料が古いんだよね。コンピューター関係はどんどん新しくなるから、新しくないと使えない。もちろん、基本的な資料で、古くても必要なものはあるけど。」


スペースが限られ、置ける資料も数も限られますし、予算も限られているとは思いますが、紙資料の充実はもう少しテコ入れしてもいいように思いました。それから、館内のOPACがWeb OPACと全く同じで、川崎図書館で所蔵している資料のみに絞り込むことができなかったのは、どうなんでしょうか?(これも、私が機能を見つけられなかっただけかもしれませんが。)


ターゲットを絞ってのサービス展開という考え方は良いと思います。ただ、KSPの周辺はマンションも多いです。近くの住民の方々の反応がどうなのか、気になるところです。本当は溝の口の駅あたりに、川崎市立中原図書館のような、夜遅くまでやっている図書館があれば、一般利用者と専門家とで利用を分けることができるかもしれません。設置母体が違うので、すぐにどうこうできるわけではないと思うのですが。


まだ、開館1日目なので、利用者も少なかったように思いました。明日から、早速いろいろなイベントも行われるようなので、今後の動向を見守りたいと思います。


*1:館内は、撮影禁止の模様。撮影禁止のサインがありました。写真を撮ってもいいかの確認はしていません…。

*2:研究者、というよりも、近くに住んでいる方のようでした。