「ほめまくり」をほめてみる?

nachumeさんの「レファ協ほめまくり」*1をチェックしていますが、毎回、レファ協に登録された事例を「ほめる」という視点で分析・読み解いています。なるほど、こういう切り口もありか、と読んでいて新しい発見があることも。おそらく、ご自身で再度調査したりしているのでは、と思っているのですが、実際はどうなのでしょう?記事になるまで、絶対に時間がかかっていると思います。
そういうわけで、「レファ協ほめまくり」はすごいと思っています。図書館関係者はおそらくチェックしていると思いますが、未見の方は、ぜひご覧ください。そして、「お気に入り」に登録することをお薦めします。
レファレンスの普及のためにも、レファ協*2のためにも、nachumeさん、これからもほめまくってください。よろしくお願いいたします。
そんなnachumeさんが、第4回ARGカフェでライトニングトークで使った資料がPDFファイルで公開されています。*3
   「レファレンスライブラリアンはどこにいるのか」  http://www8.plala.or.jp/kms/n/arg20090620.pdf
レファレンスライブラリアンとしての熱い思いが伝わってきます。必見ですよ。
第4回ARGカフェの報告がUPされるのも、楽しみにしています。

*1:http://d.hatena.ne.jp/nachume/

*2:レファレンス協同データベース http://crd.ndl.go.jp/jp/public/

*3:第4回argカフェでライトニングトークをしました。 http://d.hatena.ne.jp/nachume/20090621