黒いロールケーキ

先週、8月22日(土)の日本経済新聞朝刊の「駅コレ!」(東京・首都圏経済面)で紹介されていた「京黒ロールくろまる(自由が丘)」の記事を見て、「黒いロールケーキ?」と気になってしましました。これは、実物を見てみなくては!、というわけで、ネットでお店の場所を調べて買ってみました! 
    京黒ロールくろまる  http://www.inden-style.jp/kuromaru/02.html
自由が丘のお店は、今年3月にオープンしたようです。新聞記事では「自由が丘駅近く」とありますが、駅から5分くらいは歩きます。おまけに、細い路地*1を入ったところにあり、看板も「くろまる」だけなので、お店を見つけるのに少し時間がかかりました。とても小さなお店で、売っているのは、店名にもなっている黒いロールケーキのみです。
真白な生クリームが、食用竹炭パウダーを練りこんだ黒い生地で包まれてます。「の」の字のロールケーキではなく、見た目はモンシュシュ堂島ロール風です。甘さは控えめです。
いずれにしても、見た目のインパクトは大。白と黒のコントラストは京都の冬をイメージしたものとのことですが、京都に限らず、雪国の冬はモノトーンです。

*1:ロールケーキ専門店「自由が丘ロール屋」に行く途中の細い路地です。 自由が丘ロール屋 http://www.jiyugaoka-rollya.jp/