レファ協「参加館のページ」の新着記事

レファ協*1の「参加館のページ」*2に、新しい記事が追加されました。
1つ目は、「おすすめトピックス」内にある「メールマガジン コラム集」に、メルマガ「参加館通信」人気記事(?)「教えて、お宅のレファレンス」の、平成20年度に連載された記事が追加されました。

平成20年度
第1回 「紙の博物館図書室 竹田理恵子さん」*3
  ※ワンパーソンラー・ブラリー
第2回 「神奈川県立図書館 矢島薫さん」*4
  ※複数の閲覧室での情報共有、自館データを抽出・表示する仕掛け「レファレンス事例集」
第3回 「大阪府立大学学術情報センター 槇得幸彦さん」*5
  ※レファレンスへの組織的取組み
第4回 「宮崎市立佐土原図書館 松浦加奈さん」*6
  ※郷土情報の発信をスタートに

4館とも、レファ協を工夫して業務に取り組んでいることがよくわかります。記事は「参加館通信」に掲載されたものを再編集してあり、見やすくなっています。
2つ目は、6月に行われた「例題にチャレンジ!」企画の結果報告書*7とアンケート結果*8です。報告書には、チャレンジ期間に登録された5題の例題への回答21件と、それぞれの回答へのコメントが掲載されています*9。また、アンケートは、この企画について、事務局がレファ協参加館30館に行ったアンケート結果が掲載されていて、こちらもなかなか面白い結果だと思いました。「例題にチャレンジ!」企画に参加された方も、今回は参加できなかった方、企画自体知らなかったという方もご覧になってはいかがでしょうか。

なお、レファ協の「参加館のページ」は、レファ協のについての情報を提供するサイトなので、レファ協の参加館以外の方も見ることができます。紹介した記事について関心を持った方は、ぜひご覧ください。お薦めします!