着付け教室の後は、着物の人が目につきます

久ぶりに着付け教室に行ってきました。前回のレッスンから2週間ほども空いてしまったのは、先週は台風のため、レッスンが中止になってしまったからです。
今日は初めて講師になる人が担当するとのことで、レッスンのカウントなしで、全体の手順を復習をさせてもらいました。昨晩、慌てて着付けの練習をしてみたのですが、悩みながら手順を追っていくので、とても時間がかかりました。レッスンを受けてみて、着付けの手順は何となく覚えていたものの、「衣紋を抜く」とか「背中のしわをとる」というような、途中の細かいことがすっかり抜け落ちていました…。今日は、自分の着物など一式を持って行きました。往復の荷物が多くなりますが、教室で借りる着物よりも、自分の着物の方がサイズが合っているので、着付けが楽だったような気がしました。講師の方に言われたように、着付けは練習あるのみです。今日も、忘れないうちに復習しました。
着付け教室の後、歩行者天国の銀座通り、帰りの電車の中など、なぜか着物姿の人が目につきました。週イチの今のペースで着付け教室に通うと、来月で全コース終了になりますが、来月の後半には、着物でレッスンに通いたいな〜、と思っています。さて、どうなることやら…。