500館目は、松阪市図書館でした

本日配信の「レファ協参加館通信 №172」によると、レファ協*1の参加館が500館に到達したとのことです。そして、レファ協500番目の参加館は、三重県松阪市図書館
  松阪市図書館【松阪市松阪図書館と松阪市嬉野図書館のご案内】    http://www.library-matsusaka.jp/
「参加館通信」の記事によると、担当の方は「この事業は入るべきものと考えていた」とのこと。すばらしい!!

松阪市図書館は「松阪図書館」「嬉野図書館」の2館体制で、今年4月から指定管理者制度が導入されました。この体制変更をひとつのきっかけに、より市民に役立つ図書館になるため、情報提供や、レファレンスに関する外部との連携強化を目的に今回の参加に至ったそうです。

ぜひ、レファ協を図書館業務にご活用ください。よろしくお願いします。

*1:レファレンス協同データベース  http://crd.ndl.go.jp/jp/public/