マーク(MARC)はどうなる?

今週の、図書館にとっての重大ニースは、やはりこちら(↓)。
  TRC、主帳合取次を日販に変更   http://www.shinbunka.co.jp/news2009/12/091215-02.htm
その後の続報がないので、この先どうなるのかわからないのですが。
勤務館では、和書は、トーハンのゼロマークとTRCマークを使っているので(他に、JAPANマークとTool-iを使っています。)、この先どうなるのか非常に気になります。状況によっては、システム対応が必要になるかも?、来年度のマークの契約はどうする?、などなど、影響が大きいのです。ただし、もっと情報がないと、身動きがとれません。急に、こんなことを言われても…、というところでしょうか。ずっとTRCマークを使ってきたので、この先もTRCマークになるとは思いますが。
昨日は、「こんなニュースが出たけど、お宅はどうなの?」みたいなメールのやりとりを某県立の方としましたが、他の図書館ではどうなのでしょうね? どこも、情報が少なくて、対応に困っている、とか?それとも、それほど影響がないのか? NS-MARC(ニッパンマーク)を使っているJAPANマークがこの先どうなるのかも気になります。