先輩たちから学びたいこと

年度末で、何かと慌ただしい毎日です。
私だけではなくて、館内すべてが慌ただしい感じがしますが、3月で退職される先輩の職員(司書、事務)の方々からお話を伺う機会を持ちたくて、アポをとっています。勤務時間中は難しいので、勤務が終わってから、になるのですが。
先輩たちの話は、昔の図書館の話、仕事の話、趣味の話など、内容はいろいろです。
仕事の話は、図書館での実践に基づいています。特に、組織としての仕事の進め方についてのノウハウ−自分たちの仕事を外(=図書館の外)に知ってもらうこと、他部署との調整の重要性、部下への仕事の振り方・まかせ方、など−は、現在、自分自身が日々悩んでいることでもあるので、とても参考になります。話を伺っていると、「こんなことでへこんでいてはだめだ」とか、自分の欠点とか、いろいろな気づきがあります。あとは、私自身がどう消化して、身につけるかですね。
先輩たちの話は、後輩である私たちへのエール。時間をとっていただけることに感謝しています。