歌舞伎座での、歌舞伎見納め

「御名残四月大歌舞伎」の、第3部を観てきました。私にとって、現在の歌舞伎座で観る、最後の歌舞伎になります。
歌舞伎座前のカウントダウン時計の残り日数も一桁になっていました。歌舞伎座の前で、建物やカウントダウン時計を記念撮影している人も多かったです。

第3部の演目は「実録先代萩」「助六縁江戸桜」で、第1部、第2部同様、さよなら公演にふさわしい豪華な顔ぶれです。今回は2階席だったので、花道もしっかり観ることができました。
「御名残四月大歌舞伎」を全3部を観て、改めて、歌舞伎の面白さを再認識しました。歌舞伎座は建て替えのためしばらく休場となりますが、歌舞伎は見続けることになると思います。早速、来月は新橋演舞場の花形歌舞伎を観に行く予定です*1。歌舞伎について良く言われることですが、同じ演目であっても、演じる役者さんによって全く違います。「助六縁江戸桜」のほか、「寺子屋」「熊谷陣屋」について、どんな舞台を見せてくれるのか、こちらも楽しみです。