かぶりつき

新橋演舞場の、「五月花形大歌舞伎」の夜の部を観てきました。
今回は、奮発して1階席。しかも、かぶりつき。さすがにこれだけ近いと、若手が汗をかきながら奮闘している様子が、オペラグラスがなくてもわかります。しかも、衣擦れの音や、見得を切る直前の息を詰める音などもはっきり聞こえて、臨場感がたっぷりでした。
「熊谷陣屋」は、まだ手順通りになぞるのが精一杯というような感じがしました。おそらく、先月の歌舞伎座の「熊谷陣屋」が、吉右衛門をはじめ、役者も揃っていて、見ごたえ十分だったためかもしれません。
お目当ての「助六縁江戸桜」は、海老蔵助六が良くて、舞台を楽しむことができました。眼福、眼福。「水入り」は初めて観ました。
それにしても、揚巻の衣装は、本当に豪華でした。残念ながら、二度目に出てきた時に着ていた打ち掛けは、座席の関係で良く見えなかったのですが、筋書きによると、新たに日本画家・中島千波氏が描いたものだそうです。