パソコンのスケジュールソフトをちゃんと使おう宣言後の経過報告

パソコンの係用スケジュールソフトをちゃんと使おう宣言をしてから約1週間、今のところは三日坊主になることもなく、自分なりに使い続けることができたと思います。
今週は「自分の予定をスケジュールソフトに入力するようにする」ことを実践しました。
・出勤して、朝パソコンを立ち上げた時に「在席」にする。勤務時間中は、ソフトを立ち上げたままにしておく。
・退勤するときは、パソコンの電源を落とす前に「不在」にする。
・用事で、長時間席をはずす場合は「不在」にし、(忘れなければ)行先と戻る時間を入れておく。
・毎日の決まった作業(係内での持ち回り作業)は入力しておく。
・打合せ等は入力しておく。
・各種の提出期限等の締切は入力しておく。
・ディスクワークがメインの日は、朝、その日にやる作業を2つくらい入力しておく。
とりあえず、業務の締切、打合せ等の予定、自分も含めて誰が何をしているのかはだいたい把握できるのというメリットは実感しています。今後、システム更新に関わる業務、予算要求関係の業務など、締切がある業務、業務に係わる打合せが増えるので、スケジュール管理ソフトを使い続けてもう少し使いこなせるようになれば、業務の進行管理に使うなど、便利さをもっと実感できるようになるかもしれません。
スケジュール管理については、自分の予定の細かい管理は手帳(アナログ)で、係で共有しておきたい予定はパソコン(デジタル)で、という使い方になっていきそうな気がしています。