夏着物でお出かけ

昨年秋に、突然着物に目覚めて以来、何かとお世話になっているリサイクル着物のお店に方に、
「買った着物、しまっておかないで、ちゃんと着なさい!」
と言われてしまいました。そして、松阪屋上野店の催事「なつかしの着物と古布の祭典」に出店するとのことで、
「連休中に、先月買った夏着物を着て、伺います。着付けをチェックしてください。」
とお店の方と約束をしてしましました。
そういうわけで、梅雨明けで真夏日の東京を、夏着物で上野広小路まで行ってきました。
着物歴1年未満なので、着物を着るには気合いが必要です。洋服と比べて、着物は着る前の準備、着た後のお手入れがある分、手間がかかります。でも、着てしまえば、帯周り以外は、思ったほど暑くなかったと思います。なるべく汗をかかなくて済むよう、涼しい場所を選んで移動しなるべく日向を歩かない、日向を歩かなくてはいけない時は日傘を使用することを実行しましたが。
久しぶりの着付けも、思ったほど時間がかかりませんでした。何となく、着付けの手順は頭に入っているようです。ただ、着物によってベストの着付けの感じというものがあって、こればかりは回数を重ねて覚えるしかないようです。
今回の夏着物の着付けの結果は「可」で、とりあえず合格。着付けについては、おはしょりはもう少し短くした方が良い、補正をした方が帯に変なシワが出ないのではないか、というダメだしが2点ありました。今月は、新橋演舞場の昼の部の観劇予定があって、その時は着物で行こうと思っています。その時にはもっと良い着付けで行くことができるでしょうか?
さすがに、着物でバーゲンには行けませんが*1、夏も着物でお出かけするのも良いかも、と思いました。いずれにしても、着付けを習っている時にも何度も言われましたが、着物は着る回数を増やして、着物に慣れることが必要です。
上野広小路のお土産は、「うさぎや」のどら焼きにしました。
  うさぎや  http://www.tctv.ne.jp/usagiya/

*1:着物関係のセールだったらOK?