夏休みに読んだ本2010

今回の夏休みは、塩野七生著『日本人へ リーダー篇、国家と歴史篇』(文春新書)を持って帰省しました。

日本人へ リーダー篇 (文春新書)

日本人へ リーダー篇 (文春新書)

日本人へ 国家と歴史篇 (文春新書)

日本人へ 国家と歴史篇 (文春新書)

書店で平積みになっているのを見て気になり、読もうと思ったものの、電車での立ち読みには向かないような気がしていて手つかずのままでした。この本は雑誌『文藝春秋』の巻頭随筆をまとめたもので、新書版とはいえ、私にとっては、すき間時間に読むのではなく、時間がある時にじっくり読むタイプの本のように思いました。
この本のネット上の書影は、帯つきのものと帯つきでないものがあるようです。2冊とも、著者の写真が帯に掲載されているので、インパクトがあるのは帯つきの方です。書店で平積みになっていたとしても、帯つきの方が目立ちます。逆に、帯のないシンプルな表紙の方が良い、という方もいるかもしれません。
図書館は帯なしのところがほとんどでしょうか?在住自治体のWeb OPACで検索してみたところ、どこの図書館も現在貸出中なので、当分、実物で確認できません。ただし、書架に並んでいる状態では背しか見えないので、帯があってもなくても変わり映えしませんが。
この後、著者つながりで、映画についてのエッセーをまとめた『人びとのかたち』(新潮文庫)を久しぶりに読み直しました。

人びとのかたち (新潮文庫)

人びとのかたち (新潮文庫)