改めて、よろしくお願いします

9月5日の記事が、「U40会場担当日記」で紹介されていました。
   皆さまからのメッセージをご紹介します(9)  http://futurelibrarian.g.hatena.ne.jp/literarymuseum/20100910/p1


「O40なのですが、よろしく!」という感じで書いた記事について、好意的に受けとめ、コメントまでいただいて、本当にうれしく思います。
今になって読み返すと、「本当に私にできるのか?」的なことを勢いで書いてしまったような気もしますが、できる限り、事務局+参加者の大半を占めるU40の皆さまが期待する聞き役になりたいと思います。そして、私自身もいろいろな方と「つながり」たいと思っています。
…というのが表向きの目的で、今年の猛暑と始まったばかりのシステム更新の業務で疲労蓄積状態なので、U40の皆さまの熱い思いを分けてもらって、エネルギーチャージをしようというのが、裏の最大の目的であったりするわけで。
U40プレミアセッションの会場を、“図書館関係者のパワースポット”と勘違いしているわけではなくて、実際、昨年のU40に参加して、パワーチャージができたような気がしています。O40が頑張れるためにも、やはりU40が元気であって欲しいです。(O40になると、それなりに仕事上の責任も増えて、大変なのです…。)
改めて、東京会場に参加される皆さま、事務局の皆さま、全国のU40プレミアセッションに参加される皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。