U40プレミアセッション(東京会場)に参加しました

昨晩開催された、「U40プレミアセッション」(東京会場)に参加しました。
事務局側からの報告は、「U40東京会場担当日記」*1をご覧いただくとして、参加した立場からの感想などを書きたいと思います。
昨日は、仕事を定時に切り上げて会場へ向かいました。事務局からの経路案内もあったので*2、迷わずに到着できました。(迷ったという方もいたようですが…?)
事務局によると、定数よりも若干多い参加者だったということですが、昨年の通勤ラッシュ時のような全く身動きできない状態ほどではなく、いただいた名刺の数から計算すると、参加していた半分くらいの方とは「ツナガリ」ができたと勝手に思っています。なるべく多くの方とお話をしたいと思ったのですが、なかなか難しいですね。お話できた方−他の図書館の方や違う年代の方など−からは、たくさんのアイディアをいただきました。ライトニングトークは、参加者の方と話をしていた関係で、聞きそびれました…。
私の裏目的の「エネルギーチャージ」も達成できました! 参加者の皆さま、どうもありがとうございました!!
制限時間内では話足りなかった方も多かったようで、終了後もお店の前は参加者がたくさんいました。そのまま、二次会でツナガリを深めた方も多かったのではないかと思います。(3連休前の金曜日の夜ということで、銀座の街は、たくさんの人であふれていました。)
それから、準備+当日の会場運営でがんばってくださった東京会場事務局の皆さま、お疲れ様でした。反省点もあったかと思いますが、ぜひ今後の活動に活かしてください。
これからもU40の活動は応援していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。