半蔵門の和菓子屋「一元屋」

先日、用事で地下鉄の半蔵門駅で下車し通りを歩いていたところ、小さな和菓子屋さんを見つけました。「一元屋」という名前の和菓子屋さん、小さなお店なのですが、客足が途絶えません。「きっと評判の和菓子屋さんにちがいない。」と、立ち寄りました。
扱っているのは、“きんつば”と“一元最中”*1の2つの和菓子のみ。今回は“きんつば”を買ってみました。バラ売りをしているので、どちらも1個から買えます。
     

きんつば”はやや小ぶりですが、大粒の小豆は甘さ控えめ、薄い皮の塩味がきいていて、おいしかったです。
後でネットで調べてみたところ、どうやら、和スィーツ好きには評判のお店だったようです。

半蔵門では「ハナコウジ」が好きで、近くに行った時は立ち寄ることが多いです。パンを買うことが多いのですが、今回はかぼちゃのクッキーを買ってみました。中に1個、かぼちゃの形のクッキーが入っています。クッキーのパッケージがハロウィーンバージョン、紙袋もハロウィーンバージョンの物に入れてもらいました。

*1:最中は、大納言と求肥入りの2種類あるようです。