丸善&ジュンク堂書店@東急百貨店渋谷本店7階

「渋谷最大級、ワンフロア」とのキャッチコピー(?)で、今年の9月2日に東急百貨店渋谷本店7階にオープンした丸善ジュンク堂書店に、遅ればせながら、行ってきました。
    渋谷・東急本店名所ファイル File.10 丸善ジュンク堂書店  http://www.tokyu-dept.co.jp/honten/spot/file10.html


エスカレーターを降りて、フロアに足を踏み入れた時の第一印象は、「広いっ!!」ということです。一画に、文房具のコーナーがありますが、見渡す限り本棚、という感じです。それでいて、本棚も床も木目調なので、落ち着いた感じがします。また、ところどころに椅子が置いてありました。
エスカレーターそばに、検索用の端末が置いてあるので、お探しの本がある方はまずこちらで調べてから、ということなのでしょう。ところどころに掲示されてあるフロア案内図を見ながら、「今、自分はどこにいるのか?」を確認しながら回らないと、迷子になりそうでした。時間があるときは、本棚の間で迷子になっても、意外な本との出会いがあって、それも楽しいのですが。
それから、平積みの他に、フェイスアップで並べている本が多いように思いました。
渋谷・Bunkamura*1に行ったついでに駆け足でのぞいたので、探索不足です。このため、「たくさんの本を、ワンフロアで見られる」という意外の特徴は、残念ながら短時間では見つけられませんでした。
渋谷で特徴的な書店としてすぐに思い浮かぶのは、文化村にある「ブックショップ ナディフモダン」*2です。ここは、狭い店内に、アート系(美術のほか、写真、演劇、音楽等)の本や雑誌等が充実しています。
ただし、これからもBunkamuraに行った時には、丸善ジュンク堂書店に立ち寄ってしまいそうです。渋谷でありながら、今のところはそれほど混んでいないのは、私にとっては評価ポイントでしょうか(笑)。
駅前に移転してしまった書店、ブックファースト渋谷店が以前あった場所は、現在はH&M渋谷店になってしまいましたが*3、今朝、10時頃にH&Mに並ぶ長蛇の列。「何かあるのかな〜?」と通りの反対側を歩きながら見ていましたが、帰ってからネットで調べてみたところ、“LANVAN for H&M”発売にともなう行列だったようです。*4