「第12回 図書館総合展」に行ってきました

本日から開催されている「第12回 図書館総合展」に行ってきました。
今年は、業務等の都合上、本日のみの参加です。
午前10時すぎに受付に行ったところ、受付待ちの人の長蛇の列…。受付の人数を増やしたりして対応していたようですが、15分から20分くらい待ちの状況でした。私を含めて、ほとんどの方が10時30分からのフォーラムに参加するため、受付を済ませた後、フォーラム会場まで速足で向かうことになってしました。展示会・受付の会場は、結構離れているので、移動が大変です。朝イチの受付が混雑したのは初日だったためかもしれませんが、参加者の導線を考えた工夫を事務局にお願いしたいと思います。
今日は、以下の3つのフォーラムに参加しました。
  10:30〜12:00 公共図書館への公文書管理法の影響:地域住民への情報サービスにおける公文書の価値
  13:00〜14:30 「長尾構想」への図書館界・出版界のまなざし−長尾真と湯浅俊彦の論点整理−
  15:00〜17:00 「本」の未来をめぐる若手パネルディスカッション


フォーラムの間に展示会場へ移動して、展示ブースやポスターセッションを見たりしました。レファ協*1のポスターの前では、今年も“れはっち”のぬいぐるみ(通称「3Dれはっち」?*2)が店番をしていました。


ひっそり(?)開催していた「ALISかふぇ@図書館総合展」にも、手土産持参で立ち寄ってご挨拶してきました。
「1日しか行けない」ということで、3つのフォーラムに参加するという欲張った強行スケジュールでした。さすがに、疲れました…。
3つのフォーラムの内容は、自分にとっては参加した価値はあったと思っています。ただし、インプットが多すぎて、本日はアウトプットまではできず…。感想的なものは、後日、書きたいと思っていますが、どうなるでしょう?
本当は、明日開催される「L-1グランプリ2010*3」も観覧したかったのですが。Ustream中継もあるようですが*4、さすがに、勤務時間中には見られないでしょう。





図書館総合展」からの帰り道、モールのクリスマスツリーが点灯していました。

*1:レファレンス協同データベース  http://crd.ndl.go.jp/jp/public/

*2:国会図書館の方が“れはっち”のぬいぐるみのことを「3Dれはっち」言っていたので、勝手に広めてしまいます(笑)。

*3:http://www.toshokanshinko.or.jp/senden/index.htm

*4:http://d.hatena.ne.jp/sogoten/20101124/p1