地元の図書館を利用しながら、利用者の視点で考えてみる

地元の図書館に利用登録をして、今月末で1年になります。
現在のところに住み始めてから5年くらい、徒歩5分というところに図書館があるのに利用していなかったのですが、引越し前は図書館に登録して時々利用していたので、正確に言えば再登録ということになります。
小さいながらも、やはり近くに図書館があると便利です。いつも、書架の間をぶらついて、面白そうな本があれば借りてくるという利用方法です。地元の図書館を利用することで、少しは自分の読書の幅が広がったでしょうか? 
貸出カウンターの前に展示コーナーがあって、いくたびに展示が変わっています。カウンターの前が狭いこともあって、貸出手続きを済ませて横を通りすぎながら「あ、展示が変ってる。」と思いながら前を通りすぎる場合がほとんどなのですが、一応、テーマとか、展示されている本とか、チェックさせてもらっています。地元の図書館もがんばっています。
それから、地元の図書館を利用することで、「利用者の視点」を忘れないようにしたいと思っています。カウンターでの利用者対応のしかたなども、さりげなくチェックさせてもらっているかもしれません。普段は、どうしても図書館側の立場で考えてしまいがちです。本当に利用者のことを考えた対応をしているか、自分が利用者だったら本当に利用したいサービスかなど、視点を変えて考えるくせをつけるようにしたいと思っています。