エジプト・カイロからのメール(その2)

エジプト関係のニュースは増えていて、不安になります。
昨晩、義姉に送ったメールも届いているか、ずっと心配でした。
そんな中、義姉より、第2報のメールがありました。送信時は、現地時間で30日の午前11時頃のようです。(日本との時差は7時間。)
とりあえず、自宅付近は静かだとのこと。昨晩は自警団の若者が歩いていたそうです。
それから、随伴家族は、帰国準備を始めるようにとの指示があったそうです。ただ、街の様子を見ていると、帰国準備だけで、帰国するようにとの連絡はないかもしれない、と思っているとのこと。また、兄は、居残りになりそうだとのこと。
現地では、観光旅行客が空港で足止めされているようなので、まずは、観光旅行客の帰国が先になるでしょう。
ネット環境については、大半の日本人の家でつながらない中、なぜか兄の家はネットの接続は大丈夫とのこと。プロバイダによって、ネットに接続できたりできなかったり、のようです。
ニュースによると、エジプト政府は、インターネットや携帯電話を規制しているようですが、今のところはカイロとメールのやり取りができているので、完全に規制されているわけではなさそうです。