ボストン美術館浮世絵名品展@山種美術館

現在、山種美術館で開催されている「ボストン美術館浮世絵名品展 浮世絵の黄金時代−清長、歌麿写楽」に行ってきました。  
    ボストン美術館浮世絵名品展 浮世絵の黄金時代−清長、歌麿写楽     http://www.yamatane-museum.or.jp/exh/current.html


ボストン美術館が所蔵する日本美術コレクションの中から、清長、歌麿写楽の3人の絵師の作品を中心に構成されています。
開場は結構混雑していましたが、うまく人の波にのるようにして、しっかり作品を見てきました。髪の毛や着物の繊細な線と鮮やかな色彩。そして、何よりも描かれている着物の色遣いと文様に惹きつけられてしまいました。
ミュージアムショップで販売している展覧会のオリジナルグッツ*1もなかなか良くて、今回も絵葉書とクリアファイルを購入してしまいました。数種類あるクリアファイルは、目移りして、選ぶのに苦労しました。1つに絞り込むのは、困難でした…。
本日の日本経済新聞にも、この展覧会の紹介記事が掲載されていましたが、お薦めの展覧会です。