週末の午後の街

今日は風が冷たかったものの天気が良かったせいか、有楽町界隈は、いつもの週末と同じくらい人出が多かったように思います。有楽町のビックカメラの1階は、人をかき分けて進まなくてはいけないようなくらい混雑していました。
「何となく、明るい春色の服が着たい!」と思って立ち寄ったデパート内のショップも、いつもの週末よりもショッピングに来ているひとが多いようで、スタッフの人達は忙しそうでした。現在、デパートの営業時間が午後6時までで、仕事帰りに立ち寄れないため、週末でないとショッピングができない人が多いからだと思われます(私もそんな1人?)。「今日は、全員出勤しているんですけど、お客様が多くてバタバタなんです。平日は、お客様が全然こなくて、立ちっぱなしなんですけど…。」と、ショップスタッフの方が言っていました。*1
地震の後の節電による暗い街や運行本数が少なくなっている電車にも慣れてきました。東京の便利な生活が電気があることで成り立っていること、その電気が原子力発電所に依存していることなど、いろいろ考えた1週間でした。私の住む地域は、現在のところは計画停電対象外ですが、これからも「節電」に気をつけるようにしようと思っています。

昨年のブログ記事を確認したところ、昨年の今頃の東京は、桜が咲いていました。*2 今年の桜の開花は、もう少し先になりそうです。桜はまだですが、少しずつ花が咲きだしてきています。
      
 <通勤途中に出会った、沈丁花(左)とヒュウガミズキ(右)>

*1:「下を向いてしょんぼりの様子」の実演もしてくれました。

*2:http://d.hatena.ne.jp/L-Komachi/20100323/1269348229