節電で開館中

東京は、今日も暑かったです。今年初めての猛暑日だったそうです。
勤務館は、今月から、節電しながら、通常どおり開館しています。来月も、通常どおり開館の予定ですが、電力の状況によっては、どうなるかわかりません。
館内は、エレベータを停止させたり、空調をいつもより弱めにしてします。事務用スペースは、あちこちの照明が抜かれました。「ちりも積もれば…」で、他にもいろいろ節電中です。
システム担当の事務室は、照明は抜かれなかったものの、自主的に、通常は1/3のみ点灯し、昼休みは消灯しています。空調も、閲覧スペースよりも弱くて、午後になると、事務室内は暑くなります。(朝も、朝日が入るので、暑いのですが…。) システム担当の事務室が暑いのは、スペースの割に、パソコン数が多いのも影響している? 廊下は、閲覧スペースから涼しい空気が流れてくるのか、事務室よりも涼しいように思います。
いつもの夏ならば、「涼を求めて図書館へ」という方も少なくないように思うのですが、今年はどうなのでしょう? 他の図書館の状況は不明ですが、勤務館の場合は、節電中とはいえ、閲覧スペースは涼しいと思います。ただし、場所によって、温度差があるようですが。
暑さはこれからが本番なので、この先の電力状況がどうなるのか、本当に気になります。
それから、個人的には節電には賛成ですが、あまり無理のない程度に、暑さで体調を崩したりすることのないよう、体調管理にも気を付けていかなくてはいけないと思っています。まずは、先週から始まった「サマータイム」に慣れることからです。