八月花形歌舞伎@新橋演舞場

新橋演舞場の「八月花形歌舞伎」に行ってきました。
八月は三部制で、なんとかスケジュールをやりくりして、第一部、第二部、第三部ともチケットを確保したのですが…。第二部は、直前になって用事ができて、行けませんでした…。(残念!)
第一部、第三部とも良かったのですが、やはり、中村勘太郎が4役を早替わりで勤める、第三部の「怪談乳房榎(かいだんちぶさのえのき)」が面白かったです。父親の中村勘三郎の「怪談乳房榎」は、何度か歌舞伎座で観ています。父親の当たり役でもある4役(うわばみ三次、下男正助、菱川重信、三遊亭円朝)を、息子の中村勘太郎がどう勤めるかが注目でもあったわけですが、早替わりも鮮やかで、まずは及第、というところでしょう。
序幕の「隅田堤の場」で、中村小山三茶店の女で出ていてました。出番は少なかったものの、客席からの拍手が大きくて、私も含めて中村小山三の登場を待っている人が多いような?
私が歌舞伎を見始めた頃は、八月の花形歌舞伎と言えば、中村勘三郎勘九郎)を中心とした舞台だったのですが、いつの間にか、息子世代が中心になっています。歌舞伎界も、いつの間にか世代交代し、役が継承されています。それにしても、最近、中村勘太郎の口跡も舞台姿も、父親によく似てきたと思います。