『RELAX HACKS!:仕事と生活を調和させながら創造性を高めるテクニック』

RELAX HACKS!

RELAX HACKS!


小山龍介、小室淑恵著『RELAX HACKS!:仕事と生活を調和させながら創造性を高めるテクニック』(マガジンハウス、2010)を手にとったのは、最近仕事が立て込んでいて疲れているから? …かどうかはわかりませんが、この本を読んで、リラックスの方法は、人それぞれなのだと改めて思いました。
副題にもあるとおり、この本では、リラックスは「創造性を引き出すために不可欠なもの」として、

リラックスすることで心の中の余裕が生まれ、それが感動を伴う多様な認識をもたらしてくれる。そしてその多様な認識から、すぐれたアイディアが生まれる。この創造的なプロセスこそ、この『RELAX HACKS!』が目指す究極のゴールなのです。(p.217)

と定義しています。ただし、そこまで考えてリラックスをする人がいるのかどうか? リラックスしたことで、結果として、新しいアイディアとかが生まれることはあるかもしれませんが…。
また、

ストレスのたまる仕事を的確にこなしていくためには、心の余裕が必要で、それはちょっとしたテクニックや心の持ちようで大きく変わります。(p.220)

という指摘については、日々実感していることなので、素直に同意してしまいます。

いずれにしろ、リラックスの仕方は人それぞれなので、他の人のやり方を参考にしつつ、自分なりのリラックス方法やストレスを和らげる方法(ストレス解消方法)を見つけて実践してみることが一番なのだと思います。この本では、全部で89のHACKを紹介しています。私が参考にしてみたいHACKがいくつか紹介されていましたので、早速、取り入れてみようかと思ってます。
私にとっては、「書くこと」が、ストレス解消法(リラックス方法?)の1つだと思います。特に、マイナスなこと(=失敗、イライラ、不平・不満、不安、グチなど)は、紙のノートに書き出してみることで、かなりスッキリするような気がするので、時々実践しています。