台風の影響で、帰宅困難者になりかけた日

昨日は、ちょうど帰宅時間帯に電車が運行停止となりました。台風の影響による暴風雨(特に、強風)が、電車の運行停止の原因だったようです。
そういうわけで、今年2度目の「帰宅困難者」となり*1、職場で電車の運行再開を待つことにしました。おそらく、数時間待てば、電車が動き出すだろうと思いながら、原発関係資料のリストを作っていました。
午後8時過ぎから電車が動き出し始め、自分が通勤で使っている電車の運行再開は確認できないまま、「おそらく、動き始めているのではないか?」という淡い期待を持って、午後8時半過ぎに職場を出ました。期待どおり電車は動いていて*2、無事に帰宅できました。途中の乗り換えの駅では、ホームに人があふれないよう、入場制限をしていました。
台風で、帰宅困難になりかけたのは、今回が初めてだと思います。
以前、図書館に勤務し始めて間もない頃(平成になってすぐの頃です)、台風などで大雨になりそうな時は、パソコンが濡れないようにビニールシートをかけていました。閲覧室や書庫で雨漏りがあったことも、何度かあります。

今朝、いつものように通勤時に通り抜ける公園では、昨日の台風の影響で木の枝が折れたりしていました。


*1:1度目は、3月11日です。

*2:各駅停車のみ。いつもよりも混んでいました…。