私の、どうしても捨てられない雑誌

COBS ONLINE内の「コブス横丁(COBSキャリア)」に、以下のような記事がありました。

 本棚に眠る宝物! あなたがどうしても捨てられない雑誌は?(2011/10/24)【COBS ONLINE】
    http://career.cobs.jp/level1/yoko/2011/10/post_1242.html


この記事によると、アンケートの結果、約半数の人が捨てられない雑誌があるそうです。


私も、定期購読している雑誌が何種類かと特集記事で購入する雑誌などがあります。女性誌、ビジネス誌、情報誌は、雑誌によって保存期間はまちまちですが、保存スペースの問題もあって処分しています。
この記事を読んで、改めて自分の本棚を見直してみると…。
ありました。捨てられない雑誌が2種類。
1種類目は『演劇界』(演劇出版社)。歌舞伎を見はじめた頃のものから、約20年分のバックナンバーを持っています。他の雑誌で、歌舞伎の特集号もいくつか持っています。
2種類目は『七緒』(プレジデント社)。こちらは、創刊号から持っています(別冊はあったり、なかったり。)。着付けを習ったのはおととしなので、その前から着物に興味があったことは、明らか?
この2誌は、当分、捨てられないのではないかと思っています。ただし、今のところは、本棚1つとマンションの作り付けの棚2つ分の書架スペース以上の本と雑誌は持たないと決めて、定期的に本と雑誌を除架をしているのですが…。 もしかしたら、書架スペースがどうしようもなくなった時が、捨てる時?