年末年始の特別貸出

今年も、残り10日を切りました。
先週末、地元の図書館に行ったところ、年末の特別貸出が始まっていました。通常の貸出期間は2週間ですが、年末年始は休館になるので、3週間くらいの貸出期間になります。このため、いつもは2、3冊くらいを借りるのですが、今回は、年末年始に読む本を含めて、5冊借りてきました。
貸出手続きの際に、図書館の方が、「年末年始は休館になりますので、貸出期間が約3週間になり、返却日は1月○日になります。図書館が閉まっている時は、ブックポストがご利用になれます。来年は1月4日からの開館となります。…」と、年末年始の図書館の利用にあたっての注意事項について、説明をしてくださいました。私が行ったのはお昼頃で、割とすいていたのですが、混んでいる時も、貸出の手続きの際には、私の時のように長々と説明をすることになっているのでしょうね、おそらく。


東京図書館制覇!」の記事によると、今年は、元旦にも開館する図書館もあるようです。

  2011年度版 東京都内の公立図書館の年末年始の休み一覧東京図書館制覇!)
       http://tokyo-toshokan.net/00000657.htm  


個人的には、年末年始は、図書館よりも行きたいところや*1、やりたいこと*2があるので、地元の図書館が開館していたとしても行かないような気がするのですが、年末年始も(できれば24時間)図書館が開いているといいという要望はあるのだと思います。図書館もサービス業なので、「年末年始の開館もあり」なのかもしれません。
課題は、「費用対効果」でしょうか? 

*1:初詣とか、冬のバーゲンとか?

*2:大掃除とか、年末年始の準備とか、家でのんびり過ごすとか?