「第8回レファレンス協同データベース事業フォーラム」のご案内

今年も、「レファレンス協同データベース事業フォーラム」が開催されます。

  第8回レファレンス協同データベース事業フォーラム    http://crd.ndl.go.jp/jp/library/forum_8.html

  ■ 日時: 平成24年2月27日(月) 11:00〜16:30

  ■ 会場: 国立国会図書館 関西館 大会議室 


参加対象は、レファ協事の参加館ですが、レファ協に関心のある方−各種図書館、関係機関、図書館情報学研究者、図書館情報学専攻の学生の方など−も参加できます。

今年のテーマは、「レファレンス協同データベース事業のNext Step:人の輪が生みだすレファ協の未来」です。
レファ協が、平成14年度に実験事業を開始してから、今年で10年目。専門図書館協議会学校図書館の実験参加、サポーター登録制度の開始など、レファ協を軸にした人々の輪が大きく広がりはじめている中で、レファ協が次の一歩を踏み出すために、これまでの歴史を振り返り、現状を踏まえ、レファ協の未来について語り合う、という内容になるようです。
プログラム等の詳細は、レファ協のホームページ内の開催案内をご覧ください
昨年までは、午前10時開始だったと思うのですが、今年は、午前11時開始となっています。(東京から、当日朝に出発しても、楽々、間に合うかも?)


…と、レファ協フォーラムの案内をしておきながら、残念ながら、私は参加できないのですが…。
以前、レファ協フォーラムに参加したことが、レファレンスや勤務館の図書館のサービスを考え直すきっかけになりました。何よりも、レファ協事務局の皆さまや他館の参加者と知り合えたことが、レファ協フォーラムに参加した、一番大きな収穫だったように思います。


そういうわけで、年度末で、何かと慌しい時期だと思いますが、レファ協フォーラムへの参加をおすすめします!!

なお、参加の申込み締切は、来週、2月17日(金)となります。