「連休は、図書館デート」というプランについて考えてみました

本日から大型連休が始まりました。
でも、公共図書館は開館しています。図書館職員は、交代で勤務しています。私も飛び石で勤務日が設定されています。このため、「秋田の桜は、もう咲いているだろうか?」と気にしつつ、今年は東京で過ごすことにしました。

今週、目にとまったのは、図書館デートの記事。

  図書館デートがインドア派カップルの新定番に!?『千代田区立日比谷図書文化館』(2012.4.25)
   http://am-our.com/date/46/1395/


図書館デートが、インドア派カップルの定番になるかも?? 図書館デートは、以前からあったのでは??
などと、記事は、突っ込みを入れたくなるところもありますが、紹介されている千代田区立日比谷図書文化館は、デートコースにはいいかもしれません。私自身は、千代田区立日比谷文化館になってからは、そばを通ることはあっても、まだ中に入ったことがないのですが…。


図書館デートの記事を読みながら、東京都立日比谷図書館だった頃、隣の日比谷野外音楽堂ロック系のコンサートが行われている時は、窓ガラスがカタカタ揺れていたことを思い出しました。
それから、ビジネス街にあるため、日曜・祝日は周辺のビル内の飲食店(コンビニも!)が閉まっていたと思います。現在は、どうでしょう? 
連休中に千代田区立日比谷図書文化館で図書館デートを考えている方は、デート時の食事をどうするか、事前に考えておいた方がいいかもしれません。館内のカフェやレストランを利用する、テイクアウトをして日比谷公園で食べる、日比谷・有楽町・銀座方面に足をのばしてみる、とか、プランはいろいろ考えられるかと思います。
日比谷図書文化館のコンシェルジュさん、オススメのデートコースの案内もしてくれるのでしょうか?