「梅雨の晴れ間の虹と、れはっちvsカタツムリ」の巻

東京も、本日、梅雨入りしました。
公園のアジサイは、少しずつ色鮮やかになってきています。
      

                  • -

毎月の恒例(?)となった、レファ協(レファレンス協同データベース事業)のキャラクター「れはっち」の月替わりブックカバー。6月のテーマは「雨あがり」。梅雨の曇り空を吹き飛ばすような鮮やかな色の虹が、とても印象的なブックカバーです。
ある雨の日、れはっちは、お散歩に出かけたようです。お気に入りの傘を持ち、レインコートを着て、足元はレインブーツという、しっかりとした装備で、雨対策も万全?? しばらくすると雨が上がり、空は鮮やかな虹が出現し、れはっちが「感動した!」と喜んでいる。
…というようなストーリーを、勝手に考えてみました。(あってますか?)

 ■ 月替わりブックカバー「雨上がり」(PDF) http://crd.ndl.go.jp/jp/library/documents/bookjacket_ameagari.pdf

 ■ レファレンス協同データベース事業 刊行物等  http://crd.ndl.go.jp/jp/library/publication.html

ところで、6月のブックカバーの左上にある、れはっちの紹介に使われている「カタツムリに乗った“れはっち”」が、とても気になっています。
カタツムリは、草食系。葉っぱを食べるのでは?*1
れはっちは、葉っぱ。(だったはず。正しくは、れ葉っち?)
そういうわけで、カタツムリの背中に乗っているれはっちを、「おいしそう…。」とカタツムリが狙っているように見えてしまうのは、私だけでしょうか?
現在、レファ協Twitterのアイコンにもなっているので、そのうち、レファ協Twitter アイコンかられはっちが消えてしまうかも? 
れはっちvsカタツムリ。この先、どうなるか、要注目です。

*1:正しくは、カタツムリの種類によって、好物が違うようですが…。