北島商店@松屋銀座「夏本番 美味満喫フェア」

松屋銀座の地下・食品売り場の催事「夏本番 美味満喫フェア」で、大きな呼び込みの声の売り場に行ったみたところ…。
水泳・オリンピック代表の北島康介選手の実家、北島商店でした。
「オリンピックにちなんで、銀座に呼ばれてやって来ました!」
「銀座に来るのは今回だけかもしれないから、ぜひ、買ってって!!」
という、少々照れながら呼び込みをしているお兄さん(?)の声につられて、私もメンチカツサンドをお買い上げ(笑)。メンチカツは、玉ねぎの甘さが感じられて、おいしかったです。



そして、秋田県出身者なので、“ぎばさ”は素通りできません。同じく、催事に出店していた大原商店で“ぎばさ”を2パック購入したところ、1パックをおまけでつけてくれました。冷凍保存もできるそうです。
“ぎばさ”は、秋田のローカルフード? 東京では、交通会館内の「秋田ふるさと館」とか、デパートの催事で購入しています。時々、食べたくなり、見かけると、つい、“ぎばさ”を購入してしまいます。



子供の頃の食生活は、大人になってからの食生活にも大きな影響を与えているように思います。一方で、子供の頃は嫌いだったのに、大人になってから好きになった食べ物もあるのですが。もちろん、嫌いなままの食べ物もあります。