ある休館日の1日

図書館によって異なりますが、公共図書館には休館日があります。
また、図書館によって異なると思いますが、公共図書館で働くすべての職員が休みとなる休館日と、図書館は閉まっているけれども職員は図書館の中で働いている休館日があります。
前者の例が、年末年始になるかと思いますが、毎週月曜日などが休館日という公共図書館はこちらになるでしょうか。図書館によっては、サービス部門の職員は休みだけれども、管理部門の職員は勤務日という場合もあるのではないかと思います。
後者の例が、蔵書点検等の作業のための休館、図書館システム更新のための休館などという長期の場合と、毎月1回の休館日。毎月1回の定期休館日。毎月1回の定期休館日の呼び方は、おそらく、これもそれぞれの図書館によって異なるのではないかと思いますが、図書館の外の人から見たら、「図書館、何やってるの?」と思っているのではないかと。
休館日にやっていること。職員の打合わせ*1、職員研修*2、書架の調整や資料の移動、展示替え、図書館システムの調整、などなど、結構、朝からスケジュールがびっしりです。休館日も、図書館の職員は、サービス向上のために、休館日ではないとできないことを中心に、いろいろやっています。

(誤字・脱字があったので、一部修正しました。 2012/09/09)

*1:職員全員が顔を合わせての打合せができるのは、この日しかなかったりします…。

*2:レファレンスの研修のほか、接遇や、メンタルヘルスの研修などもあります。