ドキュメンタリー映画「40万冊の図書−戦争中“本”を守った人たちがいた−」

10月4日(木)に千代田区立図書文化会館で行われたドキュメンタリー映画「40万冊の図書−戦争中“本”を守った人たちがいた−」の上映会に行ってきました。

 ■ 日比谷図書文化館、東京大空襲からの蔵書の疎開をテーマにしたドキュメンタリー映画「40万冊の図書」の上映会を開催
(カレントアウェアネス・ポータル 2012年9月24日)
   http://current.ndl.go.jp/node/21895

 ■ ドキュメンタリー映画「40万冊の図書」上映会
  http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=1515


太平洋戦争時に、東京都立日比谷図書館の資料や民間の学者などから買い上げた資料を、多西村(現あきるの市)などに疎開させることによって戦災をのがれることができた、という史実を、様々な人へのインタビューや映像で綴った映画です。
現在、戦災をのがれた資料は、現在、東京都立中央図書館の特別文庫室に所蔵されています。

 特別文庫室のご案内(都立図書館ホームページ内)
   http://www.library.metro.tokyo.jp/edo_tokyo/tokubun_guide/tabid/771/Default.aspx


また、この映画では、イラクの図書館で戦争から本を守った女性、福島県飯舘村の絵本リレー事業、陸前高田市移動図書館の、3つの本に関わる話も紹介されています。

これから見る方のために(?)詳しい内容は省略しますが、本に関心のある方にはおすすめします。本日の朝日新聞(東京版)に、ドキュメンタリー映画「40万冊の図書−戦争中“本”を守った人たちがいた−」についての記事がありました。
都立日比谷図書館の本の疎開の話は、先輩職員から聞いていて何となくは知っていました。この映画を見て、実際に本を運んだ方のインタビューなどから、当時の人たちの苦労を改めて知ることができました。そして、このような形で引き継がれた貴重な資料を、現役の図書館員である私たちも、きちんと守っていかなくてはいけないと思いました。
この映画は、12月13日から15日に、千代田区立日比谷図書文化館で上映会が行われるようです。*1



上映前のあいさつで、金高謙二監督が紹介していた本は『バズラの図書館員』。映画にも出てくるイラクの図書館で戦争から本を守った図書館の女性の実話をもとにした絵本です。私はまだ読んだことがないのですが、一緒に上映会に行った職員によると、「読んでいて、途中から涙が出てきた。」とのことでした。

バスラの図書館員―イラクで本当にあった話

バスラの図書館員―イラクで本当にあった話