そうだ 京都、行こう。

秋になると増える雑誌の京都特集に触発されて、「そうだ 京都、行こう。」と、一泊二日で、京都へ行ってきました。
さすがに、昨日は祝日ということで、京都の駅前は混雑していました。
最初に、個人的に、京都に来たら必ず立ち寄りたい、上賀茂神社下鴨神社にお参りしました。


その後、一乗寺方面に移動して、曼殊院門跡、詩仙堂に行きました。紅葉の時期はきっときれいだろうな、でも、とても混雑しているだろうな…、と思いつつ、お庭をながめてきました。色づき始めた木もありました。
曼殊院門跡のお庭など。
     
     



詩仙堂は、昨年行って良かったので、今年も立ち寄りました。




その後、せっかくここまで来たのからと、恵文社一乗寺店に立ち寄ってきました。


2日目は、前日歩き過ぎて疲れたことを理由に、同じく、昨年も行った、京都国際漫画ミュージアムで過ごしてきました。小学校をリノベーションした建物は独特の雰囲気があってなごみます。館長室の机の上には、養老孟司館長のオブジェ(?)が。
ぎっしりと並んだマンガは、本当に圧巻です。外国人の方の利用も多かったです。
     
     


昨日が祝日だったので、寄りたいと思っていたお店が休みだったのが残念でした。事前のリサーチ不足です。
京都を満喫してきました。とても楽しかったです。いつかは、もう少しゆったりしたスケジュールで京都を楽しみたいと思っています。


ところで、昨日の夜から、京都大学の山中教授のノーベル賞受賞のニュースが続いています。昨晩、「そういえば、数時間前に京大の前をバスで通ったな…。」と思いながら、テレビを見ていました。そして、ホテルにあった宿泊客用の京都新聞をお土産に持ち帰りました。さすが、地元紙ということもあって、駅で買った日本経済新聞よりも、山中教授の取り上げ方が大きいです。
家に帰って、改めて京都新聞を見たところ…。1面のコラム「凡語」が、今月、開館10周年の国立国会図書館関西館についてでした。