新春浅草歌舞伎(第2部)@浅草公会堂

浅草公会堂で開催されている「新春浅草歌舞伎 第2部」に行ってきました。私の今年の「歌舞伎始め」(?)です。
まずは、浅草寺にお参りしてきました。週末ということで、浅草寺は大混雑でした。お参りの後にひいたおみくじは、今年は「吉」でした。何事も、ほどほと、ということでしょうか?




お正月の恒例となった「新春浅草歌舞伎」。着物姿の人も多かったです。
今年は、14年ぶりに市川海老蔵が出演することが話題になっているようです。
第2部の最初は「毛谷村」。片岡愛之助の六助、初役とのことですが、良かったと思います。同じく、中村壱太郎が初役で勤めるお園は、「女武道」という役の強さが、やや弱かったように思いました。市川海老蔵が斧右衛門は、意外性もあって、出てきただけで客席がわいていました。
何となく、いつもの「毛谷村」と違っていると思いながら見ていたのですが、いくつかの場面がカットされていたようです。上映時間の関係からだと思いますが、話がわかりにくくなってしまったように思いました。
「口上」は、市川海老蔵が、この後勤める「勧進帳」について述べたあと、「睨み」がありました。
個人的に一番注目をしていたのが「勧進帳」です。日生劇場での「勧進帳」、市川海老蔵の弁慶は、見た目は立派でしたが、表情が大げさで、口跡もいまいち、何んとなく一人で空回りしているような、物足りない感じがしました。今回は、海老蔵が筋書でも「富樫で共演したい」と語っている片岡愛之助の富樫で、見応えのある「勧進帳」だったと思います。口跡も、今回は良くなっていたと思います。
新之助時代の「勧進帳」の弁慶は、勢いで突っ走るような感じで、それはそれで良かったと思います。今回、「勧進帳」の弁慶を勤めるにあたって、海老蔵は「父から改めて習うつもり。弁慶というものをまた一から考え、構築し直したい。」と筋書で語っています。今後も家の芸として何度も勤めるとは思いますが、年齢を重ねるごとに、また、共演する役者によって、いろいろな弁慶を見せてくれるのではないかと思います。それを期待して…。これからも劇場通いを続けることになるのでしょうね…。



終演の時は、外は暗くなっていて、スカイツリーもライトアップしていました。



「新春浅草歌舞伎 第1部」は、また別の日に見に行く予定ですが、その時は、昨年オープンした「浅草EKIMISE」にも立ち寄りたいと思っています。