『江戸な日用品』

江戸な日用品

江戸な日用品


タイトルにひかれて、手にした本です。
この本では、江戸の町が育んできた老舗の一品が、写真と文章で紹介されています。長く使われてきた日用品は、ものすごくシンプルで、とても使いやすそうです。長く使われてきた理由がわかります。
この本で紹介されているもの、いろいろ気になるものがたくさんありましたが、その中では、榛原(はいばら)の和紙と、笠仙(ちくせん)の浴衣でしょうか。
和の物に関心がある方に、おすすめの本です。