図書館は、どうですか?

4月から、図書館で働くことになった皆さま、図書館はどうですか?
図書館のそれぞれの部署に配属され、研修中でしょうか? 
私の職場でも、先週から、新規採用職員が来て、サービス現場での仕事についての研修が行われています。皆さん、研修担当の職員の説明を真剣な面持ちで聞いていて、早く仕事を覚えようと、一生懸命な様子がほほえましいです。サービス現場の職員用のマニュアル*1が配られ、また、個別研修ごとにレジュメが配られ、おそらく、「覚えることが多くて大変!」と思っているのではないでしょうか?
同時に、大学で図書館情報学を学んで司書の資格を取得し、司書として採用されたと思いますが、大学の授業で学んだこと(理論)と、実際の図書館での仕事(実践)が違うことに戸惑っているかもしれません。そして、図書館用語、というか、各図書館の中でしか通用しない用語とか略語とかもあって、先輩職員の説明を聞いても、何のことかわからない、ということも少なくないと思います。
「わからないことがあったら、遠慮しないで聞いてね。」
と言われても、どう聞いたらいいのかもわからなくて、質問できない状況かもしれません。
かなり前になりますが、私も、そんな新人時代がありました。私の新人時代に比べると、今年の新人さんは、しっかりしていると思います。*2



でも、大丈夫です。「習うより慣れろ」で、何とかなります。
先輩職員も、マニュアルをすべて覚えているわけではありません。わからないことがあったら、一人で抱えこまず、そばにいる先輩職員に聞いてください。ただし、聞かれてもすぐに答えられないこともあるので、その点はご了承ください。何しろ、一度では覚えられないことも、少なくないので…。
そして、何年たっても、カウンターや電話などでの利用者さんとの対応時は、緊張しています。



私自身、たくさんの先輩職員から、たくさんのことを教わリました。そして、いつの間にか、教わるよりも、教えることが多くなりました。
教えることで、自分自身もたくさんのことを教わっていると思っています。

*1:カウンターや電話でのレファレンス業務など、利用者サービス窓口の職員が共通で行う業務についてのマニュアル。

*2:と、去年も思ったような気が…。