『インターネットで文献探索 2013年版』(「れはっち」も掲載されています)


インターネット上にある学術上の調査・研究、情報検索に役立つサイトとデータベースを紹介するガイド本、『インターネットで文献探索』の、2013年版が刊行されました。内容は、2013年2月28日時点のものだそうです。


現在、図書館でのレファレンスにおいて、レファレンスツールとして、あるいは情報源として、インターネットは不可欠です。その一方、インターネット上には情報があふれているので、質問のカテゴリーごとに調査に役立つサイトを知っていると、調査が効率的です。リンク集を作っている図書館も多いのではないかと思います。
私も、懸案事項となっている行政支援サービスのページにあるリンク集の改訂の参考にしようと、早速、この本を読んでいます。自分が知らなかったサイトがあったりで、毎回のことですが、よく調べたな、と関心しています。
インターネット情報はアップデートが早いので、前の版を知っている方も、2013年版をチェックしておいた方が良いと思います。


そして、2013年版から、レファ協*1のイメージキャラクター「れはっち」が登場しています。p.3、23、87で、調査の案内役を務めています。
「れはっち」がレファ協以外に登場したのは、この本が初めて、でしょうか?

*1:レファレンス協同データベース http://crd.ndl.go.jp/reference/