「歌舞伎座新開場柿葺落六月大歌舞伎」に行ってきました

歌舞伎座新開場柿葺落六月大歌舞伎」に行ってきました。
今月は、第二部と第三部を観劇。本当は、第一部も見たかったのですが…。
今月の目当ては、「十二世市川團十郎に捧ぐ」とある「助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」。助六の花道の出をしっかり見たかったので、第三部は、花道寄りの2階席最前列での観劇でした。*1 2階席最前列の席は、舞台とほぼ同じ高さで舞台全体を見ることができ、花道は上からのぞくような感じでしたが、良く見えました。*2

市川海老蔵助六は、やや粗削りなところや、セリフに気になるところはあるものの、勢いがあって、良い助六だったと思います。さよなら公演の時の、團十郎丈の舞台を思い出しながら、見ていました。周りの役者さんも揃っていて、華やかな舞台でした。話題(?)の坂東三津五郎の通人は、流行語や時事ネタ、海老蔵のブログの話などで客席を沸かせ、花道では團十郎丈のことを語って、客席をホロリとさせました。
助六由縁江戸桜」は、約2時間の舞台ですが、見ていて、飽きないです。そして、今回も、揚巻の衣裳をしっかりとチェックしてしまいました。*3 筋書の中村福助のインタビュー記事によると、送り出しの時の打ち掛けは、松尾敏男氏によるもの、中島千波氏によるものを交互に使う、とのこと。私が観劇した日は、中島千波氏による打ち掛けでした。


歌舞伎座新開場柿葺落公演も、あと数日で終わります。4月、5月、6月と新しい歌舞伎座に足を運びましたが、お馴染みの演目が多いものの、おそらく柿葺落公演ではないと見られないであろう顔合わせが多く、舞台を楽しむことができました。そして、改めて、中村勘三郎丈、市川團十郎丈がいない寂しさを、舞台を見ながら感じてしまいました。

*1:本当は1階席をとりたかったものの、見やすい座席が残っていなかったので…。

*2:数日前に、2階席の6列目くらいの席で見た方は、花道が見えなかったそうです。

*3:『演劇界』(2010年8月号)の巻頭大特集「女形の衣裳」で、揚巻の衣裳についての解説が掲載されています。