『歌舞伎のぐるりノート』


この本は、雑誌『演劇界』の2007年9月号から2012年3月号に連載されたコラム「歌舞伎、のようなもの」を編集したものです。
『演劇界』に連載されていた時も、「今月は、どんなことを書いているだろう?」と楽しみにしていたので、こうして、1冊にまとめられて、うれしいです。『演劇界』を読んでいて、著者のコラムの方が、演劇評論家の劇評よりも、何となく、自分が歌舞伎を見ての感想に近いので、勝手に、親近感を抱いていました。もちろん、演劇評論家の劇評は、歌舞伎の見方として参考にしていますが。
著者が、歌舞伎の舞台セットとか、衣裳に関心があるところも、自分に近いかもしれません。コラム添えられたイラストも、結構、するどいところをついていて、楽しいです。「雪の日の直次郎」のコラムの、「花道の直次郎」のイラストに添えられた「どうしても脚に目がいく」というコメントは、歌舞伎の観客にとっては、まさしくそのとおり、です。


著者は、歌舞伎は、ある一瞬、他の演劇では味わえない独特の感興、「血が騒ぐ」瞬間を与えてくれるものであるとし、「まえがき」でこう言っています。

本書はそんな私が歌舞伎とその周辺(ぐるり)について、あれこれと綴ったノートです。研究所ではなく、歌舞伎を身近なものとして感じる人間のコラム集です。少しでも「血が騒ぐ」感じが伝わると、うれしい。

著者は、六世中村歌右衛門の舞台に惹かれて歌舞伎をよく見るようになったそうです。
私が歌舞伎を見るようになった頃は、もう歌右衛門はほとんど舞台に出ていなかったのですが、何度か舞台を見ることができました。チケットをとった日は休演だったのが残念で、後日、一幕見で見にいったこともありました。歌右衛門が亡くなった日の印象−満開の桜に雪が降り、夜に月が出ていた−のせいか、歌右衛門の「関の扉」の舞台は見たことはないにもかかわらず、私には「関の扉」=歌右衛門、と結びついています。


巻末の丸谷才一中村勘九郎(十八代目中村勘三郎)と著者の鼎談「歌舞伎はこんなに面白い」は、もう20年以上も前のものですが、それぞれの歌舞伎に対する思いが語られていて、面白かったです。