「九月花形歌舞伎@歌舞伎座」に行ってきました

歌舞伎座新開場杮葺落 九月花形歌舞伎」に行ってきました。
今月は、若手が中心の舞台で、昼は「新薄雪物語」の通し、夜は新作歌舞伎「陰陽師 滝夜叉姫」の通しです。これからの歌舞伎を担っていく若手がどういう舞台を見せてくれるか楽しみでもあり、不安でもあり…。わくわくしながら、開演を待ちました。
見終わってみて、結構見ごたえのある舞台となっていて、良かったです。


もちろん、昼の部は、やや義太夫味が薄いように思うものの、先輩役者から教わった役を一生懸命勤めているのがよくわかりました。幸崎伊賀守役の尾上松緑、園部兵衛役の市川染五郎、腰元籬役の中村七之助が、何となく役の年齢よりも若く見えてしまうのは仕方のないことかもしれませんが、何度か演じるうちにそれらしく見えるようになるのだと思います。一方、梅の方役の尾上菊之助は、それらしく見えていて、良かったと思います。個人的に、歌舞伎では、やはり義太夫狂言が好きなので、若手役者さんには、義太夫狂言をもっと学んで身に付けて欲しいと思っています。そして、中心の役者はそのままで、数年後に「新薄雪物語」を見てみたいと思いました。


夜の部の「陰陽師」は、私は原作は読んでいませんが、魑魅魍魎(ちみもうりょう)とした感じは歌舞伎に合っているのではないかと思いました。隣の女性は、ひと幕が終わるたびに「怖かった〜。」と言っていましたが。タイトルにもなっている滝夜叉姫の役どころがやや中途半端なようにも思いましたが、美しい菊之助の滝夜叉姫が見られただけでも十分だとも思ってしまいました。そして、要所要所の場面に現れる、蘆屋道満役の片岡亀蔵がとてもいい味を出していたと思いました。
ところで、平将門役の市川海老蔵は、二幕目は出番がないこともあって、銀座の街に出歩いているようですね。先日は、娘さんのリックサックを買っていた様子。彼のブログをチェックしていて、「今月は歌舞伎座に出ているはずなのに、なぜ、今頃銀座の街に?もう舞台は終わったの?」と思っていたのですが、やっと、その理由がわかりました。