興福寺創建1300年記念「国宝 興福寺仏頭展」@東京藝術大学大学美術館

祝日出勤の代休の日、東京藝術大学大学美術館で開催されている「興福寺創建1300年記念 国宝興福寺仏頭展」に行ってきました。

 興福寺創建1300年記念「国宝 興福寺仏頭展」   http://butto.exhn.jp
  ■会期:2013年9月3日(火)〜11月24日(日)
  ■会場:東京藝術大学大学美術館


平日だったのですが、入場券を求める人の行列ができていて、会場も混雑していました。


地下の第1展示室に入ってすぐ、「厨子入り木造弥勒菩薩半跏像」がお出迎え。仏像ファンではなくても、思わず見入ってしまいます。
第2展示室には、「板彫十二神将像」が並んでいました。約3㎝の厚さの檜に彫られた神将は、表情が豊かで躍動感があり、それでいて、ユーモラスな感じがしました。
そして、今回の展覧会の目玉である、白鳳の貴公子と呼ばれる仏頭が置かれた第3展示室へ。広い展示室の一番奥に仏頭が置かれ、その左右に「木造十二神将立像」が並んでいました。「木造十二神将立像」は台座に置かれていて、正面からだけではなく、360度、好きな位置から眺めることができます。こちらも、表情が豊かで躍動感があり、今にも動き出しそうな感じがしました。1体1体が違うポーズ、違う表情で、それぞれに見入ってしまったのですが、一番長く見てしまったのは、自分の干支の神将立像だったように思います。
仏頭は、微笑んでいるようでいて、とても凜とした表情をしていました。見る角度によって、表情が違って見えます。
第4展示室には、深大寺の「銅造釈迦如来倚像」が展示されていました。仏頭と同じ白鳳時代の仏像ですが、この仏像は、仏頭よりも穏やかな表情をしているように思いました。


展示会場は混雑しましたが、台座に乗った仏像を好きな角度からじっくり眺めることができました。仏像の魅力を味わうことのできる展示内容で、「仏像って、意外と素敵かも?」と、にわか仏像ファンになってしまうような展覧会でした。


美術館の3階からは、東京スカイツリーが見えました。