仕事始めの1日

勤務館は、本日より開館しています。そして、私は、本日が仕事始めでした。
公共図書館は、昨日までが年末年始の休館で、本日より営業開始というところが多いようですが、国会図書館ほか、まだ年末年始の休館の図書館があることや明日までお正月休みという方も多いのか、勤務館は開館直後から混雑していました。見ていると、いつもよりも長時間滞在されている方が多いように思いました。カウンターも混雑し、一度に複数の方がやってきて、てんやわんやの繰り返しでした。
それと、今日は、いつもよりも長時間、カウンターで相談される方が多かったです。カウンターで、ビジネスマンと思われる方から、現在関わっている仕事に関わる事項についての資料がないかとの質問を受けました。すでに、昨日、自宅でインターネットで調査をしてきたので、紙の資料で何かないかというようなことでした。質問をうかがいながら、「これは難しいかも?」と思ったのですが、予想どおり、指定されたキーワードでは、なかなかご要望にあう資料は見つかりませんでした。それでも、勤務館OPACやCiNiiなどを何度も検索しては検索結果の一覧を見てもらうを繰り返し、何とか、図書を2冊と雑誌記事を1つ紹介することができました。
今日は、NDL-OPACが使えなくて苦労しました…。国会図書館サーチやCiNiiが使えたので何とかなりましたが…。普段、勤務館に求める資料がない場合には国会図書館を紹介することが多いため、NDL-OPACを愛用(?)していると思います。もちろん、都内の公共図書館大学図書館専門図書館等にあるかどうかを調べることも少なくないのですが。*1 求める資料や、入手したい方法(貸出希望か、購入したいのか、など)でも、どこを検索して探すかは変わってきます。そのためには、きちんと質問の内容をうかがうことが大事なのだと思います。おそらく、どういう順番で調査をするかは、人によって様々だと思います。また、館種によっても異なるのでしょうか?
そして、閉館前にちょっとした(?)トラブルがあって、少し居残りすることになってしまいました。
今日は、何となく慌ただしい1日でした。

*1:今日は、青森市民図書館の所蔵調査をしました。