最近、買った本

昨年末から、何となく、図書館に関係する本が多く出版されているように思います。それも、新書が多いように思います。
「読んでおいた方がいいかも?」と思って、何冊か、購入しました。


猪谷千香『つながる図書館』(ちくま新書)は、先日、ようやく読み終わりました。職場でも、持っている人が多かったです。やはり、新書だと手に取りやすいと思います。


本の逆襲 (ideaink 〈アイデアインク〉)

本の逆襲 (ideaink 〈アイデアインク〉)

内沼晋太郎『本の逆襲』、福嶋聡『紙の本は、滅びない』(ポプラ新書)の2冊は、図書館に関わりの深い本に関することなので、チェックしておいた方が良いのでは、と思ったため。津田大介『ゴミ情報の海から宝石を探し出す』(PHPビジネス新書)は、「著者のソーシャルメディアとのつきあい方の視点が面白そう。」と思っため。そういうわけで、積読本が増えました…。


鎌倉幸子『走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援』 (ちくまプリマー新書)は、これから買おうと思っている本です。週1回は書店に立ち寄っているのに、買い忘れていました…。