クールな男とおしゃれな女展@山種美術館

現在、山種美術館で開催されている展覧会「クールな男とおしゃれな女−絵の中のよそおい−」に行ってきました。

 クールな男とおしゃれな女−絵の中のよそおい− (山種美術館
 会期:2014年5月17日(土)〜7月13日(日)


江戸時代の絵画・浮世絵、近代・現代の日本画や洋画に描かれた“よそおい”に焦点を当てた展覧会です。
第1章が「クールな男」、第2章が「おしゃれな女」、第3章が「よそおう男女」という構成でした。第1章の「クールな男」は歴史上の人物を描いた作品がほとんどでした。第2章の「おしゃれな女」は、歴史上の女性、モダンな洋装の女性、和装の女性、舞妓・芸妓を描いたものなど、様々なよそおいの女性を描いた作品が並んでいました。個人的には、上村松園の描く女性が好きです。今回は、「春のよそをひ」、「春風」、「杜鵑を聴く」の3作品が展示されていました。
どの作品も、着物の紋様、色使いなど、それぞれの“よそおい”がとても丁寧に描かれていました。