料理レシピ本大賞 in Japan

昨日の『日本経済新聞 NIKKEIプラス1』に、「料理レシピ本大賞 in Japan」の広告が掲載されていました。
「料理レシピ本大賞」については、何かで聞いたことがありましたが、改めて調べてみたところ、「料理レシピ本大賞 in Japan」のホームページがありました。

 料理レシピ本大賞 in Japan


このホームページ内の「料理レシピ本大賞 in Japan(R2BA)とは」には、以下の説明がありました。

現在書籍市場において「本屋大賞」は言うに及ばず、出版におけるOO大賞関連書籍は、現在、書店市場でヒット商品として、売り上げを伸ばし、読者の衆目を集め、多くのマスコミが関心を持つ原動力となっている。

し かしながら、その選定対象書籍はほとんどの場合、文芸やエッセイ等のジャンルに集中し、例外的に絵本大賞やコミック大賞があるものの、多くのファ ンがおり、ベストセラーも多数輩出している料理レシピ本のジャンルには読者も出版業界も、一般消費者も確たる指針が無いのが現状である。

そこで、本大賞を通じ改めて「料理レシピ本」の書籍としての指標を示し、また魅力をアピールし、その価値を広く浸透させ、果ては書店店頭を活性化する目的で、「料理レシピ本大賞 in Japan」を創設し、運営するものである。


そして、第1回の「料理レシピ本大賞」の発表会は、9月19日に日本出版クラブ会館で行われたそうです。受賞した料理本は、ホームページ内で紹介されていますが、紹介するコーナーを設けている書店もあるかもしれません。
ちなみに、料理部門の大賞は、この料理本でした。

常備菜

常備菜



今年が第1回の「料理レシピ本大賞」ですが、書店員が選ぶ「本屋大賞」のように定着するかどうか、気になるところです。