「特集 最強の手帳術」@『日経ビジネスAssocie』(2014年11月)


日経ビジネスAssocie』の最新号は、恒例の(?)手帳特集です。年末が近づくと、『日経ビジネスAssocie』に限らず、手帳とその使いこなし方を特集する雑誌が多いように思います。

手帳を使いこなすことが、できるビジネスパーソンへの第一歩だ。経営者や企業のヒットメーカーなど、成果を上げてきた人たちは、「ただ書くだけ」とは一線を画す使い方をしている。本特集は“明日から仕事に使える”手帳のスゴワザから、働くスタイルに合わせて最適な1冊が見つかる選び方ガイドまで、「手帳で2015年を劇的に変える」ためのノウハウを一挙紹介する。

と、特集の紹介文があります。「手帳で、劇的に変わるのか?」と思いつつも、毎年、特集で紹介されている手帳の使い方について、自分なりに取り入れたりしていることもあります。

私の場合、ここ数年は、仕事用は、B6サイズの手帳(バーティカルタイプ)にサブノート用のB6版のノート、プライベート用はシステム手帳を使っています。毎年、12月に同じものを探して購入していますが、同じメーカーの手帳でも、中身が少しずつ変わっているようです。
バーティカルタイプの手帳にしたのは、利用者窓口部署で勤務していた時、毎日変わるカウンター当番、電話当番の時間を1日ごとに書き込めて把握しやすかったからだと思います。現在の部署では、カウンターには出ることはないのですが、予定や締切を把握しやすいことから、引き続き、バーティカルタイプを使っています。複数の業務が同時並行するので、とにかく手帳に書き込んで忘れないようにしています。また、何かあった時は、その時の状況やどう対応したのかをメモ欄に書き込んだり、スペースが足りない時は、付箋に書いて貼っておいたりしています。
プライベート用も、備忘録代わりにいろいろ記入しています。


そういうわけで、私にとっては、公私とも、手帳はなくてはならないものとなっています。
今回の特集には、手帳愛用者である私の参考になるノウハウは、紹介されているでしょうか?