座オペラ in 新橋演舞場

西本智実プロデュース「座オペラ in 新橋演舞場」に行ってきました。


新橋演舞場でオペラ? オペラに新橋芸者衆が出演? どんな舞台になるのだろう、と思いながら、新橋演舞場へ。
新橋演舞場は、歌舞伎観劇で何度も足を運んでいますが、今回は、ロビーの雰囲気も少々違う感じがしました。演目は、プッチーニの「蝶々夫人」。オペラは初心者で、劇場で見るのは、恐らく今回が初めてでしたが、ストーリーは何となく知っていたせいか、舞台を楽しむことができました。今回は、2階の正面(やや東側寄り)で、とても見やすい座席だったからかもしれません。
舞台は、定式幕が開いて始まりました。3人の芸者衆の踊りで始まり、廻り舞台がまわって、舞台右手にオーケストラ、舞台左手でオペラの舞台が進行する形でした。最初は、「どちらを見たらいいんだろう…。」と思ったのですが、そのうちに、「好きな方を見ればいいや。」となりました。西村さんの指揮も素敵でした。蝶々さんが新橋芸者衆と一緒に花道から出てきたりと、歌舞伎の劇場をうまく使っていたと思います。新橋芸者衆の着物姿は本当に素敵でした。


観劇は歌舞伎がメインですが、たまにはこんな舞台観劇も良いです。「座オペラ」、ぜひ再演して欲しいと思います。