2015年初夏の京都(その1)・宇治

「そうだ京都、行こう!」と、初夏の京都に行ってきました。

今回は、おそらく、高校の修学旅行以来の宇治・平等院に行ってきました。


JR宇治駅の駅前には、茶壺のポストがありました。



10分くらい歩いて、平等院に到着しました。


最初に、鳳凰堂の見学の受付をしました。見学まで約1時間あったので、鳳凰堂を眺めながら、平等院ミュージアム鳳翔館へ。国宝の梵鐘や雲中供養菩薩像、鳳凰像が展示されていたり、鳳凰堂の内部が鮮やかな色で再現されていたりで、なかなか見ごたえがありました。特に、阿弥陀如来を供養し、その徳をほめたたえながら飛翔する菩薩の群像である雲中供養菩薩像の展示は見ごたえがありました。全52体のうち、半数の26体が鳳翔館に展示されているそうです。合掌したり、楽器を演奏したり、様々な姿の菩薩像は、優しい顔をしていました。昔は、鮮やかな色で彩色されていたそうで、ところどころ、昔の色が残っていました。

鳳凰堂内部の見学で、金色の丈六阿弥陀如来坐像を近くで見て、とても優しい顔をしているな、と思いました。ガイドの方の説明によると、お堂の中は、昔は鮮やかな色で彩色されていたそうです。また、お堂の中に配置された52体の雲中供養菩薩像は、半数は鳳翔館に展示されているため、レプリカなのだとか。でも、下から眺めている限りでは、どれがレプリカなのかは全くわからず…。

鳳凰堂の見学の後、もう一度、鳳翔館へ行き、雲中供養菩薩像を眺めてきました。


その後、喜撰橋、朝霧橋を渡り、宇治上神社へ。宇治川の流れがとても速かったです。



宇治上神社のうさぎのおみくじ。目があったピンクの子は、大吉でした。


歩き回って疲れたので、宇治駅前の中村藤吉本店のカフェで一休み。あまり待たずに入れましたが、私がお店を出る時はかなり行列ができていたので、たまたま私が行った時が比較的すいていたようです。(店内は満席でした。) 「生茶ゼリイ」、おいしかったです。